2013年7月15日

テーマ:

本日4時限目に、三田論についての話し合いをしました。

地方都市に関してコンパクトシティ、大都市に関してニュータウン再生(と都心居住のための再開発)を軸に、ゆるやかに2班に分かれて作業を進めていく、ということになりました。

長谷川

AD

2013年7月8日

テーマ:

 本日は、木畑洋一・秋田茂編著『近代イギリスの歴史』(ミネルヴァ書房、2011年)の中から、

「戦後社会の模索」、「グローバル化のなかのイギリス」、「『三つのサークル』のなかのイギリス」、「近現代のイギリスと移民」の各章についての報告がありました。

 第二次大戦以降の内政(1970年代までとサッチャー以降)・対外政策の大きな流れおよび(帝国の遺産としての)移民問題をそれぞれ概観した論文です。

 2コマ目は、三田論についての協議でした。

                                                           長谷川

AD

2013年7月1日

テーマ:

本日は、井野瀬久美惠編『イギリス文化史』昭和堂、2010年より、

「福祉と文化」(救貧法について)

「イギリス料理はなぜまずいか?」

「イギリス人はなぜ傘をささないのか?」

「ニュー・カルチャーの誕生?」(1960年代寛容社会論)

「揺らぐアイデンティティ」

についての報告がありました。

来週も、イギリス史についての、別の文献を用いての報告と、あとは三田論についての話し合い

の予定です。

長谷川

AD