新党くにもりを下支えする組織が、

国守衆である。

私はそれに入る時、

有料なのか神経質だった。

 

「勿論無料ですよ(^-^)」と誰もが答えた。

 

私はその時、

新党くにもりには「党員」が存在せず、

どうやって選挙費用を賄っているのだろうと不思議だった。

 

昨日、

水島総国守衆全国評議会会長から、

長い長い檄文が届いた。

 

決起集会のお知らせだろうか?

 

いや違う。

献金のお願いだったのである。

一人一口三万円。

それが無理なら一万円。

 

何故今?

最初からそうしていれば良かったのに。

だったら私は入らなかった。

だからすぐに退会届を出した。(返事はまだ)

 

無料で人を集めておいて、

一口三万円よろしくだなんて、

ビックリである。

 

桜井誠氏でさえ、

愛国の生活保護受給者に対し、

「入党は、お金を稼げるようになってからで良いですよ」

と言っていたのに。

 

「一万円で献金すれば良いだろう」

と皆さん思うだろう。

しかし、

基本三万円なのだ。

これは高過ぎる。

 

 

ところで、

昨日と今日と、

アクセス数がいつもの10倍なのだが、

何が起こったのだろうか。

 

検索で辿り着くようだ。

言葉は最近亡くなった人だろうか。

それともいつもの華原朋美さんだろうか。
 

 


人気ブログランキング

 

ありがとうございます。