熱中症による死亡事案

テーマ:

近年の暑さは異常だと思わざるを得ません。

これまでの常識はすでに通用しないことを思い知らされる出来事がありました。

 

愛知県豊田市の小学校で、

課外活動を終えた小学1年生が、

熱射病のために死亡したというニュースがありました。

 

東日本大震災以降、電力の節約が呼びかけられ、

また、電気代も上がりました。

このようなエコや経済的理由などから、

クーラーの使用を控えるという人も多いと思います。

 

たしかに、エコや経済的理由も大切ですが、

命が最優先されるべきなのはいうまでもありません。

 

高齢者が自宅で熱中症、脱水症状で亡くなるというニュースも、

日々聞こえてきます。

私は高齢者の後見人をさせていただいていますが、

自宅にエアコンが設置されているかどうかという点は、

欠かさずチェックしています。

 

先の小学生のニュースですが、

学校側に法的な責任があるかどうか、

が今後問題になる可能性があります。

 

学校側は、熱中症になることは予見できなかった、

などと主張することが考えられますが、

どれだけ説得力があるでしょうか。

 

気温が一定程度に達した場合には、

屋外での活動を自粛すべきであろうと思います。

 

また、室内であっても、

熱中症の危険はあります。

今回の問題となった小学校には、

教室にクーラーが設置されていなかったという報道もあります。

学校にクーラーなど贅沢だという考えは、

いまや過去の遺物だと思います。

ただ、実際、

教室にクーラーが設置されていな小学校もまだまだあると聞きます。

 

子供は国の宝ですので、

税金の使い道については、

よくよく考えてもらいたいと思います。