私には理解しにくい裁判例

テーマ:

裁判所は、その判断を判決書で表します。

当然、判断に至る理由も記載されます。

裁判を受ける者にとって、

なぜそのような判断となったのかを知るために重要です。

しかし、ときに判決だけを読んでも、

弁護士であっても、

なぜそのような結論になるのかわからない裁判例もあります。

 

もちろん、訴訟経過のすべての記録を読めば、

判決を読み解けるときもあるかもしれませんが、

尋問の時の表情やしぐさ、

口頭でのやり取りなど記録化されていない部分が判決に影響を与えている場合も考えられ、

そこまではどこまでいってもわかりようがありません。

 

結局、判決を読んで何とも言えない気持ちになっても、

それのみで判決が不当であると批判するのは難しいわけです。

 

そういう前提で、

最近、私が何とも言えない気持ちになった裁判例

(強制わいせつ被告事件 名古屋地方裁判所平成29年9月5日)

をご紹介します。

なお、事案が、強制わいせつ事件ですので、

そういった事案を見聞きするのが苦手な方は、

ここでこのページを閉じてください。

 

 

 

 

被告人は、名古屋鉄道に乗車中、

座席に座っていたAさん(23歳)に対し、

キスをし、自身の陰茎を着衣の上から触らせたという事案で訴追されました。

 

被告人は、キスはしたが陰茎は触らせていない、

Aの同意があった、仮に同意がなかったとしても、同意があったと誤信した、

と主張したようです。

 

裁判所は、以下の事実を認定しています。

①Aは、事件当日、婚約者の実家にあいさつに行った帰りであった

②Aは二人掛け椅子の窓側にすわったところ、被告人が隣に座った。

③被告人は、Aに対し名前を名乗り、Aに対して名前や仕事先を聞いてきた

④Aは、すぐに答えなかったが、結局下の名前と仕事先については答えた。

⑤被告人は、Aに対し、さらに電話番号の交換を求められ、断ったが、最終的には教えた。

⑥被告人は、Aに対し、飲みに行かないかと誘ったが、Aは、仕事が急がしくていけないと断った。

⑦被告人が合計3回キスをした。

⑧Aは婚約者宛てに二度携帯電話で助けを求めたが会話には至らなかった。

⑨被告人は「もう僕こんなになっちゃったんだよね。」と言いながらAの右手を陰茎に着衣の上から触れさせた

⑩Aは駅に到着してすぐに下車し、帰宅後婚約者に被害事実を告げた。

 

さて、この事実関係の下、

皆さんは、どのようにおもわれたでしょうか。

 

裁判所は、以下の指摘をしています。

①若い女性が面識のない外国人の男性と夜間に約25分間隣り合わせとなり、

…動揺、羞恥心、恐怖心等から、キスなどを拒絶できなかったとしても合理的に理解できる。

②弁護人は、Aが結婚まじかな身でありながら被告人と意気投合しその場の雰囲気に流されてキスを許したが、婚約者の手前虚偽の被害申告をしたなどと主張しているが、電車に乗車中にも助けを求めていることからそのようなことは考えられない。

 

こうなってくると、当然、有罪と思うでしょう。

ところが…

 

裁判所は、

①被告人は、Aに名前を尋ねたりや電話番号の交換をもとめ、Aも最終的に応じていること

②飲酒に誘われた時、Aは「忙しいので行けない」という口実を設けたこと

③被告人は外国人であり、Aの婉曲な拒否の態度が理解できずはにかんでいるに過ぎないと受け止めた

④被告人が、被告人とAの顔を携帯電話で写真撮影していること

⑤通路を挟んだ反対側にも女性の乗客がいるなど、他の乗客に助けを求めることが容易な状況であったこと

⑥被告人が、Aへのわいせつ行為を他の客の目に触れないように細工をした形跡がないこと

から、被告人は、Aが自分に好意を持っていると誤信した可能性が否定できないと判断しています。

 

そのうえで、

キスをしたり陰茎にAの手を触れさせる行為は、さほど強い力で行われたものではなく、

「被告人が外国人であることをも考慮すれば、好意を抱き、

自分にも好意を抱いていると思った相手にまず接吻をし、

それが受け入れられたとみて更に接吻を繰り返し、それも受け入れられたとみて

更に性的な興奮を示す言葉を発しながら陰茎を触れされる行為に出ることは、

被告人がAとの関係を深めていくために行ったと解して、

さほど不自然なものではない」

などと述べています。

 

結局、結論としては、

被告人は、Aの同意があったと誤信しているので、「無罪」なのだそうです。

 

もともと一定の関係があり、

思わせぶりな態度をとって男を勘違いさせたという状況なら、

このような結論もあり得るとは思います。

 

しかし、電車の中で、初対面の男性からキスをされて、

女性がそれが受け入れるなどということが、

現実世界で起こるとは到底思えません。

すなわち、よっぽど楽観的な人間でも、

このような状況でキスしていいと勘違いするでしょうか。

 

そういえば、先日、香港に旅行に行ったとき、

バスの中で、若い中国人カップルが、

人目をはばからずキスをするなど仲睦ましげでした。

日本人の感覚では、苦笑するしかないですが、

香港では一度でなく何度かそういうシーンを見たので、

そういうものなのかもしれません。

 

裁判所は、外国人だから

女性が単にはにかんでいるだけと勘違いした可能性があるといっていますが、

外国人であろうとなかろうと、

この状況で、キスをしていいと勘違いするでしょうか?

 

私にはちょっとよくわかりませんでした。