強制わいせつ罪の成立に性的意図を必要とするか。

テーマ:

最高裁において、これまでの判例を変更する判断がありました。

これまでは、強制わいせつ罪の成立には、

行為者自身の性的意図あるいはわいせつな内心の傾向を必要とすると考えられており、

昭和45年の最高裁の判決でその旨が判示されていました。

たとえば、復讐目的で女性の裸の写真撮影をすることは、

強要罪の成否はともかくとして、

強制わいせつ罪には当たらないと考えられていました。

 

今回の事件では、

お金を借りる相手からの要求で女児の裸を撮影したという事案のようです。

つまり、お金を借りる目的で撮影したものであり、

性的意図はなかったという主張があったようですね。

 

そもそも、この事案において、

性的意図がなかったといえるとは思えませんが、

最高裁は、その手前でこの主張をシャットアウトしたということでしょう。

 

この昭和45年の最高裁の判例は、

けっこう有名で、どの刑法の教科書にも載っています。

勉強していた当時から違和感があったのですが、

今回、最高裁が判例変更をしてくれて、

実務家としてもすっきりしました。

 

正直、実務家として、

本当に性的意図がなく復讐等の他の目的だけのために、

このような行為をする人がいるのだろうか、

いるとしてもその区別は可能なのだろうか、

被告人に言い訳のような主張を許し、

いたずらに審理を遷延化させるだけなのではないか、

などと思っていたところです。

 

改めて学生時代の教科書をめくってみました。

私は、大谷實先生の教科書で勉強していたのですが、

大谷先生は、

①刑法の条文上そのような要件は規定されていないこと

②行為者の主観によって被害者の性的自由が保護されるか否かが左右されるべきではないこと

③そのような性的意図を無意識の世界まで立ち入って判断するのは不可能であること

から、判例の立場に異を唱えています。

なるほどなるほど。

 

たとえば、上記の例のように女性の裸の写真をむりやり撮影した人が、

わいせつな気持なんかなかったです、

芸術作品として撮影しましたと主張するならば、

これまでの弁護人は、上記の昭和45年の最高裁の判例に従って、

性的意図がないとして争うことになります。

 

しかし、現代の一般的な感覚に従えば、

無理やり裸を撮影された女性は保護されないのか、

と大きなクエスチョンをつけることになるでしょう。

 

今日を境に、弁護士がこのような主張をすることはなくなるでしょう。

AD