離婚と住宅ローン

テーマ:

夫名義の住宅に夫が債務者の住宅ローンが組まれている状態です。

この場合、夫婦が離婚するときの処理は、

いくつかのパターンがあります。

 

1 妻が出ていき夫が住み続ける

  この場合は、現状に変更はありません。

  住宅ローンも夫が払い続けることになります。

  家族のために購入した広い自宅で、

  淋しい気持ちで過ごさなければならない…

  というケースもよくあります。

 

2 夫が出ていき、妻が住み続ける

  このパターンも少なくありません。

  特にお子さんがいらっしゃって妻が子供とともに住む、

  というパターンがおおいでしょう。

 

  この場合、住宅の名義を妻に変更するのは容易ではありません。

  通常、住宅ローンの契約上、

  名義変更には債権者の承諾を条件としています。

  債権者は、ローンが未返済の場合は、

  そのローンを全額返済するか、

  そのローンを引き受けるに足る資力のある人に対してしか、

  承諾しません(ローンの組み換えと同時に名義変更を許可するパターン)。

  妻も正社員として稼働し収入が十分ある場合にしか、

  当てはまりません。

  

  では、このパターンの場合、どのような処理をするのか、

  ということになると思います。

 

  住宅ローンの債務者は夫ですので、

  住宅ローンは夫が支払い続けます。

 

  一方、妻は、夫の負担のもと、住宅を確保していますので、

  その分だけ、婚姻費用や養育費を減額することになります。

  ただし、減額分は、ローン相当額ではなく、

  多くのケースでは、3~5万円程度です。

  夫側からすれば、住んでもいないのにローンを払わなければならないし、

  その分、婚姻費用、養育費を減額できるにしても、

  その額は少ないということで不満がたまる状況になります。

  また、妻側からしても、いつ夫が住宅ローンを滞納するか、

  ひやひやしながら、住み続けることになります。

 

3 売却する

  売却をするという選択もよくとられます。

  ローン残高と売却額の兼ね合いで、

  ローンが残ってしまったら、

  それは、夫の債務として残ります。

  その債務については、財産分与の問題と考えられます。

  預貯金などの資産があれば、

  この債務も考慮の上、財産分与を決めればいいですが、

  そのような資産がなければ、

  夫のみが負債を抱えたままということになります。

  

  このため、妻が不貞行為をした結果、

  離婚となり自宅を売却した挙句、

  負債だけが残って破産しなければならないというような、

  聞くだけでも気の毒な人がいます。

 

4 結局、住宅ローンを組むということは、

  このような大きなリスクを負うということです。

  住宅ローンは、賃料みたいなものだ、

  と思われないことです。

  あれは、まぎれもなく借金であり、

  とくに離婚などということになると、

  大きな足かせとして、

  牙をむいてきます。

  

  参考になさってください。

  

 

 

 

 

AD