信用情報と破産

テーマ:

クレジットカードを作ったり

ローンを組む時に、

金融機関は、審査を行いますが、

具体的には信用情報機関の情報に依拠するといわれています。

 

破産手続きをとった場合、

多くの弁護士は、6年くらいでまたカードを作れるようになります、

と説明をします。

 

ただ、この話は、

厳密にいえば、

信用情報機関が、

免責情報を知ってから5年で信用情報の破産情報を削除する

という運用をしていることが原因のようです。

 

逆に言えば、免責をされたことを信用情報機関が知らなければ、

いつまでたっても、いわゆる「ブラックリスト」のままです。

 

一般には、信用情報機関を利用している金融機関が、

免責情報を知れば、信用情報機関に知らせる運用をしているらしいので、

信用情報機関に知らせなくても、

そういう金融機関の内一つにでも知らせれば、

そこから約5年で信用情報は回復します。

 

ただ、ここで注意が必要なのは、

たとえ免責を受けたとしても、

裁判所から債権者に通知をするわけではありません。

ですので、いつまでたっても免責された情報が信用情報機関に届かない、

という事態が現に生じ、

いつまでたってもクレジットカードを作れないということがあるそうです。

 

ご自身の信用情報は、

信用情報機関から取り寄せることができます。

取り寄せ方も、

信用情報機関のHPに記載があります。

 

なお、破産後にクレジットカードを利用する場合には、

くれぐれも計画的に行ってください。

再度の免責は、簡単ではありませんよ。

 

 

AD