善意の第三者

本日の「善意の第三者」というタイトルをご覧になって、

どのような内容を想像されたでしょうか。

 

あしながおじさんのようなお話…

ではありません。

 

法律を勉強したことのある人は、

みな知っていますが、

「善意の第三者」というのは、

法律用語です。

 

法律用語で「善意」とは、

「知らない」という意味です。

 

つまり、「善意の第三者」とは、

「知らずに取引関係に入った第三者」

という意味です。

 

たとえば、

AさんとBさんが、Aさんの土地が差し押さえをされそうなので、

話し合った末に、土地の売却を仮装して

AからBへの所有権移転の登記をしました。

Bさんは、うその登記なのに、登記があることをいいことに、

お金を儲けようとして、何も事情を知らないCさんにこの土地を売却しました。

Aさんは、Cさんにこの不動産を返せといえるでしょうか。

 

この点、民法94条は

  1. 相手方と通じてした虚偽の意思表示は、無効とする。
  2. 前項の規定による意思表示の無効は、善意の第三者に対抗することができない。

と規定しています。

つまり、AさんとBさんの売買は、

AさんとBさんが通謀してなした虚偽の意思表示だから無効だけれども、

何も知らないCさん、つまり善意の第三者のCさんには対抗できないから、

AさんはCさんに返せということができない、

という意味です。

 

結局Aさんの自業自得で、不動産を失うことになり、

あとは、裏切ったBさんに対して、

損害賠償を請求できるだけになります。

 

Cさんは、ただ、知らなかったというだけで、

何かいいことをした人というわけではありません。

 

これに対して、「悪意の第三者」という言葉があります。

ここで、また、害する意図を持った第三者という意味ではなく、

単に、「知っていた第三者」という意味です。

「悪意の第三者」がさらに積極的に害する意図まで持っていた場合には、

「背信的悪意者」という言い方があります。

 

たとえば、

AさんがBさんに土地を売っていたにもかかわらず、

その事情を知っているCさんにも二重に同じ土地を売りました。

しかし、先にCさんが登記を備えました。

この場合、事情を知っていても登記を備えたCさんの勝ちで、

Bさんは、裏切ったAさんに損害賠償を請求できるだけです。

 

しかし、Cさんが、単なる「悪意者」ではなく、

背信的悪意者である場合には、

Bさんの勝ちとなります。

たとえば、Cさんが、Bさんに高く売りつけてやろうとか、

Bさんを加害する意図まで持っていた場合が、

これに当たります。

 

善意とか、悪意とか、

あまりにも一般の用語とかけ離れています。

背信的悪意者などになってしまうと、

日本語が不自由な人かとさえ思えてくるでしょう。

 

こういったところが、

法律をわかりにくくしている原因ですね。

 

ところで、

民法は、昔は、文語で書かれていました。

たとえば、先にあげた民法94条は、

 

 1、相手方ト通シテ為シタル虚偽ノ意思表示ハ無効トス

 2、前項ノ意思表示ノ無効ハ之ヲ以テ善意ノ第三者ニ対抗スルコトヲ得ス

 

と規定されていました。

これだけ読んでみると、

嫌気がさす方も多数おられることと思います。

 

昔といっても、ずいぶん昔の話だとお思いになると思いますが、

口語化されたのは、平成16年の話です。

私が学生の頃は、まだ文語でした。

 

法律は難しいので、

専門家に任せておけばよい、

という時代ではなくなりました。

テレビでは弁護士が出演して法律を解説する番組がたくさんありますし、

インターネットでは情報があふれています。

 

わかりやすいというのは、

大切なことです。

私も、これからも、

わかりやすく、法律を解説していきたいと思います。

 

 

AD

コメント(1)