いつもスタートには、

ビジョンがくっついていた。




自分中心に考えて、

初めて始めた仕事が白玉椿で、


その時のビジョンは

「暮らしに届ける天然石の店」だった。


昔は、仕事が幸せなら

人の幸福度はアップすると思っていたけど、


白玉椿から暮らしの幸せからの

幸福度アップを考えるようになった。


そのうち暮らしの衣食住から

住を仕事にすると決めて、

もぅ3年ほどこの世界に支えられていて、


どんだけ向き合っても

「暮らしの創造」というフレーズが

離れてくれない。



そもそも創造という言葉、

なんだろなと思う。


新しいものを見出すこととか、

追求すればするほどに、

そもそもこの世には存在しないわけで、


というのは、

有るから成るのであるからして。



いや、もっとシンプルな世界なのだと、

最近はだいぶそぎ落とされた。



いつもの日常の一コマを、

ひとつ工夫するだけで気づく豊かな世界。

そこを創造と呼んでるんだなと。


感覚的にわかっていることを、

言葉に出来て本物になる感じ。


スピも同様に、感覚を科学で解明できて、

説明がつく感じ。


無理することなく、諦めることなく、

人間らしく在りたい。


ここ数日、だいぶ近づいて来てる感じ。