雨の中の庭散歩 これからの庭作業を考える時間です | 伊豆の田舎でお洒落に暮らす

伊豆の田舎でお洒落に暮らす

人生の後半、自分で作ったお気に入りの物に囲まれて、お洒落に暮らす事を夢として、日々を送りたい。

Thank you for stopping by my house.

 

 

 

 

 

今日はこんな画像からスタートです♪

 

 

 

 

雨が降ると背景の海はちっとも青く写りません。

 

 

借景はグレー一色です。(>_<)

 

 

 

遠くの景色は楽しめない雨の中の庭散歩ですが・・・

ちょこちょこ色んな事をご紹介します。(^▽^;)

 

 

 

数日前までのガラ花壇(小)の画像です↓

 

 

今はエキナセアしかお花を付けていないので、雑草が生えているようにしか見えないガラ花壇(小)でした。

 

 

 

お花が終わった物は整理して、ガラ花壇(小)もちょっとリニューアル。

 

 

 

 

花壇(小) 中央にはスーパーサルビア ロックンロールのディープパープルを植えました。

 

 

 

 

その手前には【エキナセア シャインスピリット】(黄色) 宿根草

その横には【ジニア プロフュージョン】(ピンク) 一年草 

新しく植えました。

 

 

 

奥の【エキナセア】(オレンジ)は去年植えた物です。↓

 

 

その足元に、同じ【ジニア プロフュージョン】(ピンク) 一年草 1株植えました。

 

 

 

エキナセアの葉っぱに隠れていましたが、去年植えたルドベキア トトのこぼれ種育ちであろうお花が1輪咲いていました。

 

 

 

 

ツバキの横に冬越ししたペンタス(濃ピンク)もあります。

 

 

 

 

ガラ花壇(大)の方には、去年色んな種類の宿根草を植えたので、春咲き一年草が終わっても開花は続きます。

今は赤 黄色 ピンク オレンジのエキナセアが咲いています。

 

 

ユーパトリウム(薄紫花)がどんどん占領してきているので、間引かなければなりません。 

 

 

 

ガラ花壇(小)全体を、ちょっと引いて撮ってみました。

今日もトップバッターで登場したアガパンサスも写っています。

 

 

ガラ花壇中央に植えたスーパーサルビア ロックンロールのディープパープルは草丈1m×株幅1m程に生長する予定です。

スーパーサルビアが大きくなる頃にはアガパンサスのお花は終わると思いますが・・・

 

 

 

アガパンサスとガラ花壇(小)の間に植えてある【西洋ニンジンボク】↓

 

 

 

 

既に、花芽↓が上がってきています。

 

 

師匠のお宅にも西洋ニンジンボクが植えてあり、師匠のお話では「直ぐに大きくなるよ」との事だったのですが、我が家はなかなか大きくなりませんでした。

日当たりがイマイチだからだと思うのですが、去年の桜の伐採の時に、このガラ花壇のすぐ横に生えたクロガネモチの木も剪定してもらったので、日当たりが良くなりました。

日当たりが良くなったので、今年から西洋ニンジンボクの生長が早くなるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

ボーダーガーデンの【サポナリア 八重咲きソープワート】が咲きました。

 

 

この方もなかなか大きくなりません。

2017年の初夏に我が家に仲間入りしたので、マルッと3年経つのに・・・

 

 

これだけ↓しか花茎が上がっていません。

地下茎で殖えるらしいのですが・・・

 

 

左横に見えるのは芍薬の葉っぱです。

芍薬が大株になり過ぎて、サポナリアの生長を妨げているのかもしれません。

 

 

 

おばさんは庭を散歩しながら、これからの庭作業の事を考えています。

 

 

ユーパトリウム(薄紫花)は植え付けると、翌年には結構な大株になって場所を占領してしまいます。

でも、その強健さも上手く利用すると花壇の寂しい所の穴埋めにはなります。(^▽^;)

 

 

ガラ花壇(小)の下に植えた西洋ニンジンボクは樹高2~3mで剪定をしなくても樹形が整う花木なのですが、おばさんは小さく仕立てたいと思っています。

他の方の剪定例を拝見すると、落葉期にガッツリ剪定しても春には新しい芽が伸び、その枝に花芽が付くので毎年ガッツリ剪定して小さくしたてる事が出来るようです。

 

 

芍薬の株分け時期は、夜温が下がり、地下部の成長が始まる9月が適期のようです。

根はなるべく切らないように注意し、3~5芽くらいの株に分けます。

葉は半分以下に切り詰めておきます。

何年も据え置くので、大きめの植え穴を掘り、堆肥などをよく混ぜてから植えつけます。

と、みんなの趣味の園芸に載っていました。(^▽^;)

そして、芍薬も消毒をするようです。

いままで消毒作業をしていなかったので、まったく記憶になかったのですが・・・

蕾に灰色かび病がつくと咲かずに終わってしまうので、まだ芽出しのころから数回、適用する殺菌剤を散布して予防しておきます。

また摘蕾(蕾を摘み取る事)もして、蕾の数を減らし、一つの花を大きく育てるそうです。

いつも、虫に蕾を食われて悔しく思っていましたが、虫が摘蕾してくれていたようです。(^▽^;)(笑)

 

 

サポナリアも、芍薬の株分けをする時にもっと日当たりの良い場所に移動させてやった方が良いかもしれません。

 

 

直ぐにしない作業は忘れてしまわないように、作業カレンダーに書き留めておきましょう。

作業カレンダーを見るのを忘れてしまったら、なんにもなりませんが・・・ (^▽^;)(笑)

 

 

 

 

 

✿おまけの画像✿

 

 

沢山の雨が降ったので、池の水が満杯です。(>_<)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆コメント☆ おばさんのエネルギー源となってます。
お時間あれば、φ(.. )書き書きしてやって下さい。
宜しくお願いします。m(u_u )m
 


ランキングに参加しています。
ポチっとして頂けると嬉しいです。
いいねグッド! もありがとうございます。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村


手作り・DIYランキング