端材を使った小屋の収納棚 完成~♪ | 伊豆の田舎でお洒落に暮らす
新型コロナウイルスに関する情報について

伊豆の田舎でお洒落に暮らす

人生の後半、自分で作ったお気に入りの物に囲まれて、お洒落に暮らす事を夢として、日々を送りたい。

Thank you for stopping by my house.

 

 

 

下の庭の花壇も随分賑やかになってきました。

 

 

 

 

5年前のほぼ同じ場所の画像です。

 

 

 

白マルで囲む梅の木を基準に、Before→After をお楽しみ下さい。(^▽^;)

 

 

《Before》

 

 

 

 

 

《After》

 

 

5年で、やっとここまでに変化しました。

次の5年後には、どこまで変化するでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

さあ、今日は小屋の中の収納棚が出来上がるのでしょうか?

 

 

 

こちら↓はドアの押し縁と上げ下げ窓に使った杉の小割材の端材です。

 

 

壊れたドアの押し縁も含まれています。(^▽^;)

 

 

 

 

収納棚の天板になる2×4材の側面に、1×4材の厚みの分だけ下げて杉の小割材を丸頭の真鍮釘で打ち付けていきます。

 

 

 

 

手前側の2×4材にも、奥側の2×4材にも、杉の小割材を打ち付けました。

 

 

 

 

 

奥側の2×4材を固定する為に、端材を2ヶ所にビス打ちしておきました。

 

 

 

 

窓枠の部分を切り欠きした2×4材をプラスティックハンマーで叩いて嵌めて↓

 

 

 

 

先ほどの端材の所に上からビス打ちして固定しました。

 

 

 

 

 

手前側の2×4材もプラスティックハンマーで叩いて嵌めて・・・ 前板側からビスを打って固定しました。

 

 

 

 

床材にした1×4材の端材を、クレッグビスで3枚ずつジョイントして、嵌るサイズにカットして↓

 

 

 

 

2×4材の間に嵌めたら、天板の出来上がりです。

 

 

 

 

端材の1×4材は、先ほどの打ち付けた杉の小割材で下に落ちなくなっています。

 

 

 

 

端から端までビッチリ天板を入れ込む事はせず、右端には隙間を設けました。

 

 

今は水平器を差し込んで収納していますが、この隙間があるので・・・

 

 

 

3枚ジョイントした1×4材をずらし外す事が出来、中に張った合板の棚部分の出し入れが出来るようになっています。

 

 

 

 

端材で作った収納棚の出来上がりでぇ~す♪ (*^^)v

 

 

 

今回の収納棚作りの拘りは、小屋作りで出た端材で作る事。

しかし、それではどうしても作る事が出来なかったので、家に有った端材も使いました。

家に有った物は使いましたが、新しく木材を購入する事はせずにこの収納棚は出来上がりました。

 

 

窓枠はステインで塗装してあり、内側の2×4材や合板は未塗装です。

きちんと内装をすれば、窓枠だけが塗装してあっても気にならないのでしょうが、内装をしなかったので、窓枠部分だけが塗装してあるのがどうしても気になっていたおばさんでしたが・・・

 

今回、残り物で収納棚を作った際、塗装した床材の端材と、壊れたドアの端材を使ったので、窓枠だけが塗装してある時とは違い、最初からそういうデザインで作ったかのような?(^▽^;) 小屋の内側になりました。

 

 

まだまだ手を入れて使いやすく出来るとは思いますが・・・

一応これで、小屋の収納棚の完成と致します。(*^-^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆コメント☆ おばさんのエネルギー源となってます。
お時間あれば、φ(.. )書き書きしてやって下さい。
宜しくお願いします。m(u_u )m
 


ランキングに参加しています。
ポチっとして頂けると嬉しいです。
いいねグッド! もありがとうございます。

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村


手作り・DIYランキング