可愛い花 アノマテカ

テーマ:

Thank you for stopping by my house.



世の中には、何種類の植物があるのでしょうか?

 

お友達のUさん宅に伺うと、おばさんの知らない花が色々あります。

Uさんは山野草がお好きで、先日もお友達と上高地へ行ってこられたばかりです。

 

Uさんのお宅の駐車場脇に、可愛らしい花を見つけました。


皆さん、この↑お花、ご存じですか? 

【アノマテカ】ってお花だそうです。

 


【アノマテカ】

科名:アヤメ科
学名:Anomatheca laxa (=Lapeirousia laxa)
原産地:南アフリカ ケープ地方
草丈:15cm~30cm
開花期:5月-6月

アノマテカ・ラクサ(ヒメヒオウギ)とは
南アフリカのケープ地方に分布する球根植物です。

秋に球根を植え付けて春に花を楽しむ秋植え球根として扱います。

草姿や花の咲き方がなんとなく、同じアヤメ科のフリージアをぐっと小さくしたような雰囲気です。アノマテカ属ではなく、ラペイロージア属に分類されることもあります。

地際から平べったくて細長い葉を出します。

葉の間から細い花茎を出して2cmほどの花を10輪程度咲かせます。

花持ちはさほど長くないですが、1~2輪ずつ順番に咲くので、1ヶ月ほど花を楽しめます。

花色は明るい紅色で元の部分が3cmほどの筒状、先端が6枚のはなびらになります。

花びらは下の3枚のつけ根に黒みがある紅色の斑紋が入ります。

白や濃い紅色、斑紋の色がごく薄い花を咲かせる品種もあります。

花びらの表面には薄くラメが入ったようになっており、日射しを反射するとチラチラと輝きます。

性質は強健で、タネから1年くらいで花が咲くサイズの球根になります。

平地や暖地では野生化したものも見られます。
(ヤサシイエンゲイより 説明文引用させて頂きました。)

英国産の☆ダイヤモンドリリー☆のように、花びらの表面がキラキラ輝くのでしょうか?




上の説明文にもありますが、タネからも育てられるらしく、

こちら↓の種を頂いてきました。


 

小豆を小さくしたようなタネ↓です。


こんなに沢山頂いてきました。

 


秋に種撒きする為、お茶パックに入れ、名前と日付を書いて保管(ホッタラカシ)します。(笑)

 

白花タイプもUさんのお宅にあり、そちらはまだタネが出来ていなかったので、球根付きで掘り上げて頂いてきました。

こちらの画像↓ 白花タイプ。


(草木図譜さんより 画像お借りしました。)

確かに、フリージアに似ていますね。

画像が小さいですが、全体が白いタイプもあるそうで・・・

(山野草を育てるNori&Wakoさんより 画像お借りしました。)

 

おばさんが分けていただいた白花アノマテカは、どちらのタイプか?わかりません。

咲いてからのお楽しみです。

 

強健な性質らしいので、秋になったら直接庭に種を撒こうと思っています。

 

 


ひとつひとつの花は小さいですが、群生するととても素敵なお花ですよ。

ほら、こちら↓ 素敵でしょ?


 

こちら↓は植木鉢に、2色を混植した時の画像です。

植木鉢にいっぱいに植えるのも素敵ですね~♪

(上2枚の画像 みんなの趣味の園芸さんより お借りしました。)


来年の春の楽しみが増えました。

Uさん、ありがとうございました。(*^_^*)





☆コメント☆ おばさんのエネルギー源となってます。
お時間あれば、φ(.. )書き書きしてやって下さい。
宜しくお願いします。m(u_u )m
 


ランキングに参加しています。
ポチっとして頂けると嬉しいです。
いいねグッド! もありがとうございます。

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村 


手作り・DIYランキング