内閣改造を前倒し | 晴れのち曇り時々Ameブロ

晴れのち曇り時々Ameブロ

旅行・写真・水晶・コンビニ情報等

岸田総理が前倒しの意向を示されているようですが、確かに今は感染拡大で経済が回らなくなっているし、物価高も相まって国民の不満が高まっていますね。
ただ、改造しても今と状況がさほど変わらないとなると、政権には更なる打撃になってしまう。
個々の問題に対しては、支援団体等には忖度はせずに、的確に解決して行く必要があるのではないかと。

感染対策に関しては、やはり緩和の方向でやって行かないと、これ以上経済を悪化させてしまうと政権与党としては、更なる崖っぷちに立たされてしまいます。
医療機関というのは基本的に縦割りで、下の人たちはものが言えず、目先の利益ばかり考えてしまう。
有識者会議も、解散させるならそうしてしまったほうがよいです。
各省庁の判断で進めて行ったほうが、邪念も入らずにかえって良いかもしれません。

台湾有事に関しては、けん制し合うのではなく、外交を通じて緊張緩和を模索したほうがよいですね。
今は、アメリカ側が必要以上にけん制している部分も見受けられるし、意外に中国は建設的な話し合いには乗って来てくれるところはある。
逆に、私的には韓国のほうが話が通じない印象を持っています。
特に、歴史問題になると話し合いにもならない状態。
中国のほうがしたたかではありますが、ある程度は譲歩して来てくれるイメージはあります。

ウクライナ侵攻に関しては、妥協はできないですよね。
この時代に植民地支配のような非人道的行為はあってはならないことなので、ここは連携して対応するしかないです。
最近はプーチン大統領の影武者みたいな話も浮上していますが、単に起爆剤のような薬を服用して頑張っているのではないでしょうか?
似ている人でも、顔認証等に掛ければ、どこかしら違ってくると思うので。
アメリカやイギリスは、そのあたりは既に検証済みでしょう。


■□■□■□■□■□