オミクロン株の死者が現時点で0人 | 晴れのち曇り時々Ameブロ
新型コロナウイルスに関する情報について

晴れのち曇り時々Ameブロ

旅行・写真・水晶・コンビニ情報等

予想通りと言えば予想通りですが、致死率はともかく思ったよりも感染が拡大していない。
感染力はデルタ株と同等、もしくはそれ以上と考えていたので、今回は珍しく予想を外してしまったか?
予想を外したというよりかは、実はかなり感染が拡大している反面、無症状者が殆どで知らぬ間に完治しているのかもしれません。
要は、日々の感染者数に反映されていないだけ。
日本にも既に入って来ているとは思うのですが、感染者の殆どが気付かずに完治してしまっている可能性はあります。

季節性の風邪やインフルエンザでも死者が出るのに、現時点で死者数が0人というのは余程弱体化しているとしか思えない。
つい先日、どちらかの報道で南アフリカの新規感染者数が前日比30%増、死者が50%増という記事を目にしましたが、感染者数の30%増は分かるのですが死者数の50%増というのは一体どういうことなのか?
嘘の報道を伝えたのでしょうか?
もしくは、他の病気や交通事故死の人まで全てひっくるめての数字を、さもオミクロン株での死者のような誇張報道をしたのか?
マスメディアも、相変わらずコロナ依存症から脱却出来ていないようですね。

今回のオミクロン株では、各国が水際対策で南アフリカからの入国をこぞって禁止しましたが、それに対し南アフリカのシリル大統領は差別をしないで欲しいと切に訴えていました。
もちろん、私もシリル大統領の心情はよく分かりますし、入国禁止措置までとらなくても隔離期間延長等の予防措置だけで良かったと思います。
ただ、恐怖を煽ったのは、何を隠そうあなた方の国の保健相と最初にオミクロン株を発見した南アフリカの研究チーム。
「この世の終わり」ぐらいな言い回しで先走った発表をすれば、自ずとこういう結果になるということ。
国が孤立したのは、誰の責任ということではなく、俗に言う自業自得というやつです。

この世の終わりというよりかは、新型コロナのパンデミックもそろそろ先が見えて来ましたね。
ウイルス自体がワクチンが効かないぐらい壊れ切っているのでしたら、飲み薬等の治療薬で対応していればよろしいのではないでしょうか?
ワクチンを打つ打たないは個人の勝手ですが、本来そういうものは年に1回程度が適当です。

「過ぎたるは猶及ばざるが如し」
度が過ぎたものは、足りないものと同様によくない。
不十分なのも困るが、過剰なものには弊害があり、物事にはほどよさが大切である。
Too much can be as bad as too little.



■□■□■□■□■□