婚活女性が「フィーリングが合う」と感じる会話とは | 福岡市中央区の結婚相談所「Izumo mariage」スタッフブログ

福岡市中央区の結婚相談所「Izumo mariage」スタッフブログ

福岡市中央区の国体道路沿い・天神大丸向かいの結婚相談所です。
男性歓迎!
無料相談随時実施中。お気軽にお問合せください。
婚活サイト「ブライダルネット」での婚シェルサポートも開始しました。結婚相談所でのエピソードや、婚活オススメ情報を発信しています。

福岡市中央区天神徒歩圏の結婚相談所イズモマリアージュ

仲人カウンセラー松崎です音譜

 

九州はずいぶん過ごしやすい日も増えてきましたイチョウ

季節の変わり目、体調など充分ご注意くださいヒヨコ

 

さて、
婚活中の女性からよく頂くご相談に「まだ好意ではない男性と、お茶をしたりデートするのがつらいショボーンというものがあります。


初対面から「お近づきになりたいラブ」と思うお相手ばかりならいいですが、

「何度かお会いしてみないと分からないし、始まらない」というのが現在の婚活全般において言えることなので、

そこは頑張りどころと捉えていらっしゃる方が多いです。

 


辛く感じる方のお話を聞くと、

傾向として「女性側はディテールの細かいコミュニケーションを求めている」と感じます。
例えば、

キレイドキドキかわいいドキドキありがとうドキドキなど

言葉で伝えてくれて、

エスコートが上手でドキドキドキドキ

「私」に興味を持ってくれていると分かるコミュニケーションをとってくれる男性を「また会いたいラブ」と感じるようです。


それらを汲んだコミュニケーションを磨いている男性は、当然モテると思いますが、、、恋の矢


恋愛に限らず、男女とももう少し歩み寄れるポイントがあるな・・・と考えました。

 

男性の中には、

その方全体の雰囲気が好きだったりほっこり

存在そのものを見てかわいらしいと思っていたりほっこり

一緒に過ごす時間すべて楽しいほっこりと思ってコミュニケーションしている方も居ます。

 

ですが、当然伝わっておらず、

 

女性側の反応としては、一様に「私に興味なさそう」となって、即 ナシです滝汗

 

 

婚活を応援するカウンセラーとしては、とても勿体ないミスコミュニケーションだと感じていますしょぼん

現場からは、以上ですガーン

 

一人での活動は、孤独で視野も狭くなりがち。

一人でも多くの、悩める婚活中のみなさまへの情報提供ができればと思うこの頃ですひらめき電球

 

フォローしてね