鏡餅について | 出雲大社新十津川分院のブログ

出雲大社新十津川分院のブログ

当分院の日常を徒然なるままに書き綴ります。

新年を迎えましたので、お正月になると登場する、『鏡餅鏡餅』のあれこれについて書いてみようと思います。


お供えの重ね餅を『鏡餅』といいますが、鏡は古くから神が宿る依代(よりしろ)とされ、丸い餅を神霊が宿る神鏡になぞらえた呼び名であるとされています。

稲(米)は私たちの生命力を象徴する極めて大切な作物であり、この稲(米)で餅をつき、神の依代である鏡の姿に整えたのが鏡餅ともいえます。

また、大小二つ重ねるのは、太陽(陽)と月(陰)を表し、円満に年と福徳が重なるという意味があるといわれています。


次に、鏡餅の一般的な飾り方と意味合いについて考えてみます。
鏡餅は三方(御供え物を供える四角い台)に飾りますが、三方の胴(台の部分)に穴が開いていない方を奥にします。



三方には、四方紅(しほうべに)と呼ばれる四方を紅に染めた紙を敷きます。
四方に手を広げ、繁盛を願う意味があるといわれています。



その上に、裏白(うらしろ)といわれるシダを敷きます。
古い葉と共に新しい葉が次第に伸びてくることから久しく栄える意味ともいい、葉の裏が白いことから、清廉潔白の意味ともいいます。


その上に鏡餅を飾り、(だいだい)を載せますが、橙は木から落ちずに実が大きく育つことから、「代々栄える」に通じ縁起物とされてきました。


この他、餅の前に海老を飾り、その姿から「腰が曲がるまで長生きできる様に」と長寿の願いを込めたり、橙の前に六個連なった串柿を供え「家族心一つに睦ましく」の意味とすることもあります。


また、幅広昆布を添えて「喜びの幅を広く」と願い、干瓢を昆布の上に長く垂らして「友白髪」になぞらえたり、スルメを添えて「あたりめ」と呼び縁起物とすることもあります。


さて、ほんの一例にすぎませんが、こちらは当分院の殿内の鏡餅の飾りつけです。

三方には載り切らなかった様なので、この場合はお盆に載っています。




鏡餅には色々な願いが込められているのですね。

次の豆知識記事では、『鏡開き』について書いてみようと思います。