次男、心療内科へ | ぼちぼちいこか

ぼちぼちいこか

発達障害の長男、不登校の次男、軽症鬱の私のこと。

こんにちは。

 

今日、次男の心療内科に行って来ました!!

 

 

不登校初期、友人に紹介してもらったとこに何度か通いはしましたが。

 

次第に受診を拒否されて、しかも発達検査で凸凹がなかったので、そこのドクターも心理士も、「どうしたらいいか分からない」的な雰囲気があって、次第に受診しなくなったことがありました。

 

 

思えば、当時はまだ私の後ろに、「とっとと元気になって学校行け」という気持ちがあったのが、透けてみえてたんでしょう滝汗

 

 

また、そこのドクターも心理士さんも、凸凹がない子のケアは、あまり得意ではなさそうでしたし。

 

 

そのうち、行かないでもいい。その分時間が掛かるけど、次男は元気になる、と思って、無理に病院に連れて行くようなことはしませんでした。

 

 

ところが。

 

何度か書いてますが、次男は寝る時に、背中の痛みを訴えます。

 

明らかに、心理的なものです。

 

 

1ヶ月ほど前、次男の方から、

 

 

ニコこんなに長い間背中が痛いのはおかしいから、病院で診てもらいたい。

 

 

と言ってきましてポーンポーンポーンポーンポーンポーン

 

 

丁度、長男が生き始めたフリースクールの方に、小学生から診てもらえる心療内科を紹介してもらってとこだったので、すぐに予約をしました。

 

 

病院によっては半年待ちもザラですが、1ヶ月程度の待ちで予約が取れまして、それが今日でした。

 

 

次男もいい加減、背中が痛いのは辛いみたいで、昨日の夜に、

 

「病院、明日やからね」

 

と伝えると、ガッツポーズして喜んでました笑い泣き

 

 

 

そして今日。

 

午前10時には家をでなければなりませんでしたが、着替えもスムーズに終えて、すんなりと出発。

 

 

クリニックでは、私が問診を書いて、その後で私と次男、順番で心理士さんと面談。

 

 

次男は、木を書く描写テストを受けたようです。

 

 

どんな絵描いたの〜〜?と聞いたら、

 

 

ニコ冬の雪山にあるような木が最初にぱっと思い浮かんだから、そういうの描いた。

 

 

滝汗滝汗滝汗滝汗滝汗滝汗滝汗滝汗滝汗滝汗滝汗滝汗滝汗滝汗

 

 

け、結果が楽しみです滝汗

 

 

そして、次は2人一緒に、医師の問診。

 

とっても穏やかそうな男の先生。私と同年代くらいかな?

 

 

ほっこり次男くん、よく来てくれたね。

 

 

と、受診をとても労ってくれて、いくつか次男からヒアリング。

 

その後、同じ部屋のくつろぎスペースみたいなところに次男は移動し、私と話。

 

 

まずはびっくり。

 

 

ほっこり長男さんと同じ傾向、ASDの特性があると思います。

 

 

ポーンポーンポーンポーンポーンポーンポーンポーンポーンポーンポーンポーンポーンポーン

 

 

なんとなくグレーゾーンな気がしてたけどもあせる

 

 

先生の見立てとしては、次男の中では「ほどほどにする」ことが出来ない。

 

それに反して、学校(義務教育)は、みんながほどほどにできることを求められ、ほどほどで止められる。

 

これはとっても辛い状態だったと思います、と。

 

また、次男の場合は基本的な能力が高いので、苦手な部分を得意なところでカバーしていると。

 

 

しかし、最も苦手な「学校生活」に対しては、それこそ限界が来たんでしょう、と。

 

 

ほっこりこういう子はまた学校に戻れても、毒のあるところに行くようなもんですからね。行かん方がいいです。

 

 

滝汗滝汗滝汗滝汗滝汗お、おおおう。

 

はっきり物言う先生だわ。笑

 

 

ほっこり学校にね、たまに個性に合わせた対応をしてくれる先生もいますけど、

 

ほっこりまあ、ほとんどいませんからね。

 

 

ですよねーーー笑い泣き笑い泣き笑い泣き

 

 

自分の好きなことを突き詰めていくタイプなので、フリースクールとか、放課後デイとかの方がいいでしょう、と。

 

ただ、デイとかフリースクールとか、知らない人の中、しらばい場所にはまだ行けない状況んですけどもあせる

 

 

 

ほっこりそれでも、今日はここに受診に来れて、問診でも初めて会う僕と話ができましたよね。

 

 

ほっこり動物園でも水族館でも、自分が行ける、行きたいと思うところから始めて、大丈夫なところを少しずつ増やしていけば今は十分です。

 

 

ほっこり行けた時は、たくさん褒めてあげてください。

 

 

と言われました。

 

 

そして、「ASDの傾向がある」との判断でしたが、もう一度心理士さんと心理検査をして、医師と心理士で意見交換をして、判断をするそうです。

 

手帳がもらえたら、金銭的にも援助が受けられるので、助かる〜〜〜笑い泣き

 

「地下鉄無料」程度ですけど、じわじわ助かるんです笑い泣き笑い泣き笑い泣き

 

 

放課後デイとかの申し込みも簡単になるし。

 

 

手帳がなくても、デイに関しては医師の意見書を書いてくれるそうなので、利用できそうなんですけどね。

 

 

とにかく、次男は次男で、苦手なことがあることには間違いないから、本人にあった声の掛け方をするだけでもかなり違うかもしれないと言われました。

 

 

この2年間、母の直感と本からの知識、親の会のアドバイスでやってきましたが。

 

よやくプロのサポートも借りれることになり、正直ホッとしました〜〜〜〜笑い泣き笑い泣き笑い泣き

 

 

これで大丈夫と思っても、やっぱり背中を押してくれる力って大事ですよね。

 

 

心理テストは来週の木曜日。結果はさらに後になるでしょうけど、楽しみですおねがい

 

次男も、すぐに背中の痛みが取れるわけではなかったけど、それに対して文句も言わず、次も来ると言ってくれました。

 

11時の予約で、終わったのは13時!!

 

お腹も空いてたので、目に止まった回転寿司屋さんで、お寿司食べて帰りました〜〜おねがい

 

 

しかし、長男&私と次男、受診が2箇所か笑い泣き

 

 

しばらく忙しくなりそうですあせる

 

 

しかし・・・次男の描いた、冬の木の絵・・・

 

 

こっちも気になるわ笑い泣き笑い泣き笑い泣き

 

 

にほんブログ村

 

 

 

※アメンバー申請については、こちらをお読みください。

 

 

クローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバー

 

 

不登校ママサロン

 

相談員として参加させていただいていますおねがい

 

 

不登校の教科書など、とても参考になるコンテンツもありますよラブラブ