オンラインサロンはじめました | vege dining 野菜のごはんPowered by Ameba
2019年01月25日

オンラインサロンはじめました

テーマ:ブログ

 オンラインサロンを始めました

 

 ベジタリアンの料理家として長く活動し、料理教室のスタジオをはじめて4年が経っても「コンビニにもファミレスにも、社食、学食すべての店に、1〜2品はベジタリアン料理があるように」という夢には、まだまだ手が届きません。

 

 欧米はベジタリアン人口が多いということもありますが、スーパーや飲食店に、ベジタリアンメニューや素材が多くあり、ベジタリアン以外の人も気軽に「今日はこれで」と選ぶことができます。でも、日本はまだまだ。

 ベジタリアン料理というと、健康意識の高い方、美容に気を遣っている方など、「限られた人のもの」というイメージ。

 そのイメージを払拭し、ベジタリアン料理をみんなのものにしたいのです。

 誰もが、イタリアンやフレンチ料理を選ぶような感覚で、「今日はベジで」と選ぶ。

 健康にいいからなどの理由ではなく、「おいしいから」、「楽しいから」など、気軽な気持ちでチョイスする。

 そんな文化がつくれるように、そのために……。

 オンラインサロンでは、これまでやってきてなかったアプローチで、ベジタリアン料理の魅力を伝えます。

 

 

 まずは国内外のニュース配信!

 ベジタリアンは楽しくて、おしゃれで、おもしろく、クールです!

 もともとライターですので(^^)、国内外を取材し、どこよりも早く、充実した内容で、ベジタリアン料理のニュースを届けます。

たとえばこんな!

先日フランス、リヨンを取材し、見つけた、パリやリヨンで人気のヴィーガンバーガー店など、海外グルメの紹介や、海外のベジタリアン事情のレポート記事や。

ベジタリアン料理独特のテクニックもシェアします。出し惜しみはしません。

それは、「ベジタリアン料理がどこで食べてもおいしい」ものになってほしいからです。

 

お仕事上などでベジタリアンのネタを探している方には、ぜひぜひ読んでいただきたい、世界のベジタリアンニュース早読み的な記事もたくさんあります。

 

 ニュース配信のほか、会員限定のフェイスブックページで、情報交換もしていただけます!

 

 そして、実際にベジタリアン料理の素敵さ、おいしさ、楽しさを体験していただくイベントや、会員限定のベジタリアン料理レッスンも盛りだくさん。

そして、目玉はプレミアム会員の方に発行するベジタリン・パスポート。

これを持っているだけで……。

ベジタリアン・パスポート協力店で、ベジタリアンメニューが割り引きになったり、ドリンクやデザートがサービスになるなど、さまざまな特典が受けられます。

サロンスタートから1週間で協力店は30店を突破、1ヶ月後には100店舗を超えるのでは、と思います。

 

ベジタリアン・パスポート協力店が200店、300店になっていったら、世の中が少し変わるかも?

ベジタリアン料理を気軽に試す人が増えていき、お店にとっても「ベジタリアン料理が売れる商品」になったら、新しく導入するお店も増えるだろうし、プラントベースの食材も増えていくだろうと思うのです。

欧米のように、どこの店でもベジタリアンメニューがあり、スーパーにはプラントベースの食材がたくさん並び、誰もが気軽にベジタリアン料理を日常的に楽しむようになる──。

 

大きな夢も一歩から^^。

サロンに興味のある方は、ぜひぜひチェックなさってくださいね。

 

嬉しいことに、協力したいと申し出てくださるお店が多く、一覧表作りの作業がまったく間に合っていませんが……。

工事中、掲載途中(全く途中!)の一覧ページはこちらです

 

そうそう!

こちらのブログがなかなか更新できずに心苦しく思っていますが、サロンのフェイスブックページでは、毎日何かしら発信しています。

料理教室や本にはのせられない、まさにこのブログで昔紹介していたような、普段の野菜ごはんも掲載予定ですので、ぜひぜひどうぞ^^

 

オンラインサロンはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

スタジオでのレッスン情報やメディアでの掲載、出演情報、プロデュース商品のお知らせなどは随時サイトに掲載しています。

 

 

 

 

野菜のおすしを和食の新しい代表メニューに! ブックレットスタジオ限定発売中です。

おすしは和食の代表メニューですが、世界を見渡すと生魚を食べない方もいらしゃいますし、ベジタリアンの方も食べられません。

和食の代表を食べてもらえないのはあまりに残念。

だから、野菜のおすし。

最初の野菜のおすしの本の出版から長い時間がたち、本が手に入りにくいこともあり、スタジオ限定販売で本を作りました。

一冊1200円、送料が180円かかりますが、郵送もいたします。詳しい内容はこちらで紹介しています。

ご希望の方はベジタブル・クッキング・スタジオ(vegestudio@shoji-izumi.tokyo)までお問い合わせくださいね。

 

麺屋武蔵新宿総本店で、庄司いずみコラボのヴィーガンラーメン提供中です!

大好評提供中! ヴィーガンラーメンの歴史を変える、歴史を作る意気込みです! ぜひぜひ足をお運びくださいね。

 

新刊本が発売になりました!

 

 彩り美しく、ボリュームたっぷりのサンドイッチが人気です。

  シャキシャキ野菜のサラダをギューッとはさんだサンドイッチ。こんがりグリルした野菜をはさんだサンドイッチ。コトコト煮込んだ野菜をたっぷり詰めたサンドイッチ。ラペやマリネなどをトッピングした一口サンドイッチetc。こんな野菜のサンドイッチを、"サラダサンド”と命名します!

「サラダは食べるのめんどくさい」という人も。手で持ってパクつけるサラダサンドなら、即座に問題解決です!

 野菜をたくさん食べたい人や、サラダを持って出かけたい人、家族や彼に野菜を食べて欲しい人などに、ぜひぜひ新刊を読んでいただきたいのです。

 カフェやデリのメニューを探しているプロの方にも、おすすめできる一冊です!

 アマゾンはこちら。ぜひチェックなさってくださいね。

 

 

最新刊スーパー大麦レシピ、好評発売中です。

 

 テレビや雑誌で引っ張りだこの"スーパー大麦”はご存じですか?

 大腸の奥まで届く種類の食物繊維がたっぷり! 腸内フローラを整えて、やせ体質をつくる。その上肌の保水力が高まるなど、美容にも効果があるみたい!

 そんな効果はともかく……。

 ちょっとやそっと加熱しすぎても、つぶつぶ食感がなくならず、存在感抜群。甘みと風味もいい感じ。

 サラダにざらり、スープにパラリ。味がとってもいいので、好きなものにトッピングするだけで、いつものメニューがヘルシーメニューに早変わり!

 さらに、ベジタリアンの料理家としては、ひき肉がわりに使う素材としてとっても重宝しています。

 そんなスーパー大麦のレシピブック、『スーパー大麦ダイエットレシピ』、ぜひぜひ書店でチェックなさってくださいね。

 

 

新刊『作りおきベジスープ』発売中です!

 今度の本は、やせるベジスープ!

 糖質オフを気にされる方にぴったりの、超低糖質のスープを紹介しています。<br clear="all">

 超低糖質でありながら、うまみはたっぷりある3つの素材を組み合わせたベジスープ。

 タイトルに、作り置きベジスープとありますが、まずは冷蔵庫で3〜5日は保存可能なスープをたっぷり作り置きをすることから、スープ生活スタート!

 これ自体はとっても薄味。これをスープのベースにし、いろいろなアレンジスープを楽しめる仕組みです。

 後半は、大人気となったデトックスベジスープで、体の不調を整えるレシピを新に編集し直していただき、一冊で2度も3度も楽しめる、たいへんお得な内容です。

 食欲の秋、体重や体型が気になるみなさん、低糖質スープ&デトックスベジスープを作りおきし、ラクラクダイエットいたしましょう! アマゾンはこちらです。

 

 

ひとつの野菜でつくる常備菜』、おかげさまで好調です!

 大ヒット、ロングセラーシリーズとなった『やさいの常備菜』、『野菜のマリネとおかずサラダ』、『やせぐせがつく野菜の常備菜』の"常備菜シリーズ”最新刊、題してひとつの野菜でつくる常備菜です。

 

 せっかく常備菜をつくるなら、仕込むのもラク、展開もラクなのがいちばんです。

 だから、今度の本では"ひとつの野菜でつくる常備菜”にこだわりました。

 ぜひ書店でお手にとってご覧くださいね。

 

 

スタジオの人気レッスンが一冊の本になりました。

 

ベジタブル・クッキング・スタジオでは私自身のクラスのほか、人気シェフのクラスや精進料理の先生のクラス、海外の先生を招いてのクラスなど、たくさんのヴィーガンクラスを企画していますが、世界の味を一冊、世界の野菜ごはん、発売中です。ぜひぜひお手にとってご覧くださいね。<br clear="all">

 

『野菜のごちそう』大好評です!

『野菜のごちそう』、好評発売中です。

 

 

 

 今日の渋谷は晴天です。今日もいい日になりますように。

 

 

これまでの出版物はこちらからごらんください

 

メディア掲載などの最新ニュースは、サイト記事からご覧ください。

 

 


 

庄司いずみさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース