共通経費の按分の基本手順 | NPO法人を応援する税理士 浦田 泉のブログ

NPO法人を応援する税理士 浦田 泉のブログ

いずみ会計事務所では、NPO法人の皆様の税務及び会計について、全面的にサポートいたしております。
いずみ会計のNPO法人向け顧問業務、税務相談はもとより
認定NPO法人取得のためのコンサルティングサービスもご用意しております。
ぜひご活用ください。


テーマ:
【質問】
共通経費とは何ですか?何をどのように按分すればよいのでしょうか?

【回答】
共通経費とは、明らかな事業費、管理費に区分できないものをいいます。
まず、明らかな事業費と管理費を抽出し、共通経費の洗い出し、按分割合を決定し、実際に共通経費を按分します。


共通経費とは、明らかな事業費、管理費に区分できないものをいいます。
共通経費については、合理的に事業費と管理費に按分することが求められます。

共通経費の按分の基本的な手順は次の通りです。

(1)明らかな事業費と管理費の抽出、区分
法人の事業部門と管理部門を特定し、費用の中から明らかに個別の事業の経費であるもの(事業費)、明らかに管理部門の経費であるもの(管理費)を抽出し、それぞれに区分する。

(2)共通経費の洗い出し
(1)以外の事業費・管理費を容易に判断できない費用や、2つ以上の事業の事業費となっている共通経費を抽出する。

(3)按分割合の決定
按分割合は共通経費をどのような比率で事業費と管理費に按分するかの割合をいいます。たとえば「従事割合」(各業務に従事した時間の比率)、「使用割合」(各事業に係る業務の使用量の比率)などの方法によって按分します。
どのような按分割合を用いるのが、法人活動の実態を反映するのに適切かを考慮し、決定します。

(4)共通経費額を按分する
実際の費用額のデータを使い、(3)で決定した按分方法で事業費・管理費となる額を算出します。


アップいずみ会計事務所へのご相談はコチラから>>http://izumi-kaikei.com/form.html

NPO法人を応援する税理士 浦田 泉さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス