古楽最前線! 2019Vol.3 オペラ《ピグマリオン》 | いずみホールのブログ

いずみホールのブログ

ホールでの出来事や主催公演の詳細&裏話、インタビューや解説など幅広い情報を発信します。

こんにちは、企画担当ヒヨコです。
本日は古楽最前線!Vol.3《ピグマリオン》について、ご紹介します。
しかしながら、特にこの《ピグマリオン》についてはお伝えしたいことが盛りだくさんの公演ですので、後日公演担当のペンギンからも、たっっっぷりとご紹介させていただきます!!
今日はヒヨコの視点で声を大にしてお伝えしたいポイントをご紹介します。

まず、【いずみホール史上初!「舞踏」とのコラボレーション】であることをお伝えいたします。古楽×オペラ×舞踏は約30年のいずみホールの歴史の中でも前例のないプロジェクトです。どんな公演になるのか、現時点で既にワクワクしますベル

そして、【オペラバレの歴史と《ピグマリオン》を2部構成でお届けします!】
前半はリュリの楽曲を中心に、バロックダンスとのステージ、後半はラモーのオペラ《ピグマリオン》をコンテンポラリーダンスとバロックダンスと共にお届けします。
フランスのバロック・オペラは歌と舞踏があってこそ。現代で上演するにあたっても、舞踏無しでは、その魅力を伝えきることができません。

そしてそして、【各分野のスペシャリストが集結し、いずみホールで一回限りの公演を創り上げます】

フランス・バロック音楽のスペシャリスト

寺神戸 亮さん(指揮・バロックヴァイオリン/プロデューサー)
《メサイア》に出演するフランスの老舗バロック・アンサンブル、レザール・フロリサンやラ・プティット・バンドのコンサートマスターも歴任、指揮者としても活躍する演奏家です。

 

いずみホールを知り尽くす演出家

岩田達宗さん(演出)
日本のオペラ界で名前を見ないことがない、人気演出家の一人です。いずみホールオペラでも何度も演出をお願いしており、長年にわたり、作品を共に作り上げてきました。この一大プロジェクトをより一層輝かせる演出が期待されます。
Ⓒ大阪音楽大学
 

ダンスシーンのみならずアートシーンでも注目のダンサー・振付師

小㞍 健太さん(振付)
モンテカルロバレエ団、ネザーランド・ダンス・シアターで研鑽を積み、ダンサーとしても振付師としても国内外で活躍。
フィギュア・スケートがお好きな方はステファン・ランビエール氏のプログラムの振り付けを共作されているのは記憶に新しいところです!
©︎Carl Thorborg


歌い手も注目のアーティストが登場します。
ピグマリオン役 クレマン・ドビューブルさん

カウンターテナーながらもテナーの音域もカバーする恐るべき才能の若き歌い手です。フランスから初来日です。

 

アムール:鈴木美紀子さん(フランス・バロックに精通するソプラノ歌手)、セフィーズ:波多野睦美さん(古楽から近現代にわたるレパートリーの広いメゾ・ソプラノ歌手)、彫像:佐藤裕希恵さん(古楽をメインに活躍するソプラノ歌手)が登場。

古楽に通じる歌い手が集結しました。

 

そして、注目のダンサーもこの挑戦的なプロジェクトに参戦!
コンテンポラリー・ダンス 酒井はなさん
バレエダンサーとして紫綬褒章も授賞、バレエにとどまらず活躍の場を広げるダンサーです。
撮影:池谷友秀
 

コンテンポラリー・ダンス 中川賢さん
6歳から現代舞踏をはじめ、長年レジデンシャル・カンパニーで主役をつとめ、フリーダンサーとして活躍中の注目のダンサーです。


バロックダンス 松本更紗さん
クラシックバレエの経験を活かし、フランスで古典舞踊を学び、時にヴィオラ・ダ・ガンバ奏者としても古楽に通ずるダンサーです。


寺神戸さん率いる管弦楽団「レ・ボレアード」に加え、この公演のために特別編成合唱団「コルス・ピグマリオーネス」も結成されます。

 

このようなメンバーで、歌・舞踏・音楽・スト―リーが融合する、唯一無二の舞台を作り上げていきます。

「最前線!」を紹介するこのシリーズでこそ、オペラ・バレの成り立ちとフランス・バロック・オペラの本来の姿、それを現代のエッセンスと共にをご紹介したいと考えます。
 

豪華キャスト、スタッフ陣が集い、創り上げる一日限りの公演です。絶対にお見逃しないように、お願い申し上げます!!


一回限りの上演です、12/14はいずみホールへビックリマーク

チケット好評発売中です電話06-6944-1188
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
古楽最前線!2019 脈打つ人の心-中後期バロックVol.3 オペラ・バレの歴史&ラモー:《ピグマリオン》
2019年12月14日(土)14:00開演

■演奏曲目
PartⅠ~オペラ・バレの歴史~
 リュリ: 《アティス》、《町人貴族》、《アルミード》より 舞踏音楽
PartⅡ
 ラモー: 《ピグマリオン》 ※字幕付き


■Vol.3公演単独券 音譜好評発売中音譜
S席12,000演奏 A席10,000円 B席8,000円 学生=6,000円
いずみホールフレンズ S席10,800円 A席9,000円 B席7,200円

 

便利なオンライン・チケットサービスもご利用下さい。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*