いずみホールのブログ

スタッフのリレー執筆で、ホールでの出来事や、主催公演の詳細&裏話などをお届けします。


テーマ:

《愛の妙薬》あらすじブログ、前回につづいて、第2幕。第1幕の最後では、アディーナが結婚することになっておろおろしていたネモリーノ。さて、事態はどのように展開してゆくでしょうか…はてなマーク

 

《第2幕》
アディーナの結婚を祝うパーティーが開かれています(Canitamo canitam canitam)。【ネモリーノの姿が見えないので、アディーナは結婚の誓約書にはサインをしません】。ドゥルカマーラのところにネモリーノがやってきて、もっと「愛の妙薬」が欲しいと頼み込みますが、お金がありません。ベルコーレが、軍隊に入ればすぐにでもお金が入るというので、ネモリーノは入隊契約書にサインしてしまいます(Ai perigli della guerra)。
一方、ジャンネッタたち村娘達の間ではネモリーノが伯父さんから高額な遺産を受継いだという噂が…キョロキョロ。彼女達は急に態度を変えてネモリーノに愛想よくしはじめます。この様子にネモリーノは「愛の妙薬」が効いてきていると思い込みます(Saria possibile?)。
アディーナネモリーノが薬を買うために軍隊に入ったということを知り、その愛の深さに心を動かされます。ネモリーノは「アディーナが涙を流した」と、自分が愛されているという喜びを感じつつ、入隊のため旅支度をします(Una furtiva lagrima)。
入隊契約書を買い戻したアディーナが駆けつけ「あなたは自由になった」と告げますが、同時にそっけなく「さようなら」と言って立ち去ろうとしますハートブレイク。「あなたに愛されないのなら、戦死を選ぶ」と言うネモリーノアディーナはこれまでのつれなさを詫び、ふたりは愛を確かめ合います(Prendi: prendi per me sei libero恋の矢
この様子を見ていたベルコーレはさっさとアディーナをあきらめます。ネモリーノには伯父さんが死んで遺産が入ったので、村一番の金持ちお金になったという知らせが。効き目抜群のドゥルカマーラの「惚れ薬」はたちまち売れてしまい、彼は皆に見送られて去っていく(Ei corregge ogni difetto)。

 

めでたしめでたし…。

簡単に書こう、と思っていたら、案外長編になってしまいました。この「オペラ史上最もピュアな恋物語」ともいえる本作が初めていずみホールで響きます。チケットは好評発売中ビックリマークご期待ください。

 

12月16日(土)14:00開演
いずみホール・オペラ2017《愛の妙薬》
S:¥12,000 A:¥10,000 B¥8,000 学生¥6,000

いいね!した人  |  リブログ(0)

いずみホールさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります