いずみホールのブログ

スタッフのリレー執筆で、ホールでの出来事や、主催公演の詳細&裏話などをお届けします。


テーマ:

「ウィーン・ムジークフェスト2017」がいよいよ今月17日より開催です。

開催に先駆け、フェストの主役となるピアニスト、ルドルフ・ブッフビンダーよりメッセージが届きましたラブレター

 

こんにちは、親愛なる日本のみなさま!

 

9月の訪日と大阪でのコンサートを、私は大きな期待とともに心待ちにしています。日本の聴衆のために演奏することは、いつも大変な栄誉であり、特別な喜びでもあります。今年9月、私達は大阪で「ウィーン・ムジークフェスト2017」を開催します。そして私はいずみホールを私の音楽のホームとするべく、ここに招かれました。この素晴らしいコンサート・ホールは、ウィーンの楽友協会の大ホールを模して作られました。私は人生を通してずっと、演奏してきたウィーンの楽友協会に強い親しみをいだいております。これまでに250回以上、そしてこれからもできれば何度も楽友協会で演奏したいと願っています!

 

いずみホールではリサイタルに加え、いずみシンフォニエッタ大阪との共演で、ベートーヴェンの優れた協奏曲を2曲、弾き振りで演奏します。また、ピアノ三重奏曲も演奏します。ピアノ三重奏曲は、私が8歳のときに「ウィーン・ピアノ・トリオ」のメンバーとして演奏活動を始めたときから、後年ヨゼフ・スークとヤーノシュ・シュタルケルとの共演も含め、私の人生の中でずっと愛してきた作品です。この室内楽コンサートには、昨年私が名誉団員になったウィーン・フィルから、親愛なる同僚のアルベナ・ダナイローヴァとタマーシュ・ヴァルガが参加します。家族の集まりのような雰囲気を想像していただけることでしょう。

大阪の素晴らしいいずみホールで、私達と音楽への情熱を分かち合いましょう。

 

                          心を込めて

                          ルドルフ・ブッフビンダー

 

 

ウィーンが愛するピアニスト、ルドルフ・ブッフビンダーの音楽性をソロ、トリオ、コンチェルトという3つのスタイルでご堪能頂けるウィーン・ムジークフェスト2017をお楽しみに音譜音譜

 

 

公演情報はこちらから。チケット好評発売中です
ウィーン楽友協会提携企画
ウィーン・ムジークフェスト2017

Vol.1 ピアノ・リサイタル(9月17日・日/14時開演)

Vol.2 ピアノ・トリオ(9月20日・水/19時開演)

Vol.3 コンチェルト(9月23日・土祝/16時開演)

※セット券はいずみホールチケットセンターのみのお取り扱い

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

いずみホールさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります