いずみホールのブログ

スタッフのリレー執筆で、ホールでの出来事や、主催公演の詳細&裏話などをお届けします。


テーマ:

こんにちは、

久々のブログ登場で緊張気味のレセプション・マネージャーですSaxophone

どれだけ久々かというと、

「2017.1.27 いずみホールレセプショニスト募集開始!」以来!

 

今回は、レセプショニストの募集から採用~コンサート勤務に入るまでをご紹介いたします。いずみホールレセプショニストをご存知の方、コンサートホールのアルバイトに興味のある方は是非最後までお読みくださいsao☆

 

それでは、前回記事のレセプショニスト募集に応募、採用となった29期生の半年間を振り返ってみましょう。

 

――――――――――――――

 

3月中旬に面接と筆記テストを受け、晴れてレセプショニスト29期生となった新人たち。

 

さっそく迎えるのが、

 

「 新 人 研 修 」

 

 

緊張いっぱい、

初めて顔を合わせる29期生10名

待ち受けていたものは、

2日間みっちり行われる座学と実務訓練ですえんぴつ

 

 

 

 

お客様をお迎えする心得しゃきーん

 

いずみホールの歴史や設備オンプ

 

現役レセプショニストから教わる実務訓練konatu

 

 

 

 

 

 

午前中、座学で勉強した後は

みんなでお昼ごはんニコちゃん

自然と緊張がほぐれます。

 

 

 

午後からは、制服を着た先輩レセプショニストからプロの技とおもてなしの心を学びました。

 

 

 

 

 

 

 

この2日間でいずみホールとはなんたるかを、

ぱんぱんに詰め込まれた29期生たち。

時には厳しく、時には笑顔で教えてくれた先輩方はとても頼もしく見えました照れ

 

 

 

 

 

新人研修が終わればさっそくOJT(オンザジョブトレーニング)

 

「 コ ン サ - ト 研 修 」

 

 

 

実習生のバッジをつけて

実際にコンサートの現場へ。

今までコンサートは聴くもの・観るもの。コンサートの雰囲気に慣れていたつもりが、

お迎えする立場では見える景色がまるで違います。

 

新人研修で習った事も

なかなか上手く発揮できません。

でも!先輩がマンツーマンで付いてくれるので安心です苦笑

 

 

 

いよいよ、4月―

 

「  初  勤  務  」

 

 

ひとりにひとつの担当部署が任されました。

 

初勤務に戸惑いながらも、

お客様一人ひとりをお迎えし、

最高の状態で音楽を楽しんでいただくこと

笑顔でお帰りいただくことを目標に

一日いちにち、勉強です。

 

 

 

そして、7月―

 

 

慣れた頃にやってくるのが、

 

「   フ ォ  ロ  ー  ア  ッ  プ  研  修  」

 

 

すっかり夏になり、

レセプショニストの制服も爽やかに衣替え。

29期たちも、着こなしバッチリですリングピロー

 

この研修では日頃のお仕事の確認と

3ヶ月で疑問に思った事、

まだ曖昧なところの総復習を行います。

 

    

 

もう先輩の指導をただ聞いているだけではありません。皆、

「こういう時はどうするのか」

「この場合のご案内で一番良いのは何か」

しっかり目的を持って研修に臨みますsao☆

 

入社の時とは、

佇まいが違います。

 

この頃になると、実習生バッジが外れ、

いちレセプショニストとしてひとり立ちの時。

ベテランも新人も分け隔てありません。

 

――――――――――――

 

こうして、

レセプショニストは代々の積み重ねを吸収し、

より心地よいホールを目指すため、勉強の日々です。

 

 29期生の半年間を通して、人の成長を感じ、人の魅力をあらためて知るレセプションマネージャーでした猫。29期生はじめ、レセプショニストひとりひとりの笑顔がより多くのお客様に届けば幸いです。

レセプショニスト一同、心より皆様のいずみホールへのお越しをお待ちしております!!

 

それでは、また次回の記事でお会いしましょう手☆

いいね!した人  |  リブログ(0)

いずみホールさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります