1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-10-18 21:45:20

前市長の幹部慰労会問題についての百条委員会が開催

テーマ:ブログ

本日より百条委員会の証人喚問が始まりました。

 

まずは、現役で残っている職員を対象にするという事で、本日は以下の現役の部長級の職員3名が証言しました。私も全員に質問しました。

 

①理事兼豊かなくらし部長 山本佳史

②まちづくり部長 増田秀成

③秘書課長兼参与 高橋慶一

 

結論から言えば、もう既に事実はほぼ出尽くしている話であり、今回の証人喚問でも新たな事実はありませんでした。

 

部長会という内輪の会に、民間人が同席する事には違和感を持ったが、それが条例や規則に違反しているという意識は無かった。

 

部長市長、副市長といった上の立場の者が既に事実と違う答弁や記者発表をしている中で、自分がそれをひっくり返す事はできないと考えたというのが、部長たちが議会で虚偽答弁した理由でした。

 

市民の税金を使って、虚偽の「おしらせ」を送付する際には、「引き返すなら今だ」という意見を言った部長もいましたが、自分も議会で既に虚偽の答弁をしていたり、全体の流れに任せるという判断をしたため、止める事は無かったという事です。

 

そうした背景には、トップダウンで意見を言ってもが言えない雰囲気があったという意見もありました。

 

明日は決算特別委員会です。

決算特別委員会でも、色々な質問、意見をしています。

ただ、非常に忙しく、まとめる時間がありません。

時間のある時にまとめたものをお知らせしたいと思います。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-10-17 12:08:38

希望の党はトロイの木馬なのか

テーマ:ブログ

野党第一党の混乱の状況はまだまだ続くようです。

最近までの流れをまとめました。

 

①民進党の前原代表「民進党の希望者全員が希望の党に合流できるようにする」

②希望の党小池代表「リベラル派は排除する」

③民進党の枝野氏ら立憲民主党立ち上げ

④前原代表「全て想定内」

⑤希望の党の支持率急速に下落。都知事としての小池氏の支持率も急落一方で、立憲民主は支持率上昇。とはいえ、自公与党は堅調で300議席超

 

これに加えて旧民主党再結集や希望の党の公約を守らないことを公言する議員が続出というとんでもない話が出てきていますので、お知らせします。

 

衆院選 希望の民進系造反「9条改悪反対」「小池氏ひどい」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171017-00000056-san-pol

 衆院選を前に民進党から希望の党に移籍した前職の中に、希望の党の公約と大きく異なる主張を掲げる候補が続々と出始めた。希望の党が容認する「憲法9条改正」などの“踏み絵”を踏んだはずなのに公然と異を唱え、小池百合子代表を批判する声まで上がる希望の党の失速で焦りを募らせているようだ
 「憲法9条の改悪については明確に反対」。香川1区から希望の党公認で立候補した小川淳也氏は、党の公約に「憲法9条を含め改正議論を進める」と明

記されているにもかかわらず、自身のホームページにそう書き込んだ。

小川氏は16日、高松市で行った街頭演説で「小池氏の物言いは『排除』などひどい。私の政治信条は変わらない」と強調。この日は改憲派の前原誠司民進党代表が街頭演説を行う予定だったが、急遽(きゅうきょ)キャンセルした。後援者らを集めた15日の会合では「立憲民主党と無所属、民進党の人たちを巻き込み、野党再結集、再合流へと歩みを進めなければならない」と言い切った。香川1区は立民や共産党が候補を立てておらず、「反自民」票を自身に集約させたいとの思惑がにじむ。

 

民進党を“再結集”?「合流は間違いだった」と期待する声も

https://www.houdoukyoku.jp/posts/19796

・民進党・小川参院議員会長「立憲民主党や無所属の候補、希望の党から立候補して当選した人も含めて、民進党を軸に結集を図りたい」

・参院議員の多くは、希望の党への合流に否定的

・立憲民主党・枝野代表は、民進党に戻ることを否定

 

 

 小池人気にあやかって民進党を離党したはずの人達が、新党が人気が無いとわかると党の公約と平然と反する行動をする

 ましてや、新党で当選した後で、もう一度民進党で再結集するなんて事は国民を完全に愚弄した話です

 枝野氏はまだまともだと思います。

 

 私も選挙で選ばれる立場なので、落選したらやりたいことが何もできなくなるという怖さはわかります。

 しかしながら、選挙に当選するためだけに新党を利用して、不利になったら批判するこの節操の無さにはあきれます。

 是非、こんな人達に騙されないようにしていただけたらと思います。

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-10-07 11:30:53

希望の党に希望はあるのか

テーマ:ブログ

 民進党の消滅、小池新党の立ち上げ等、小池劇場の風が吹き荒れる(TVの中だけは)今回の衆議院解散です。

  希望の党に合流するという奇策で、憲法観などの基本的な考えからバラバラであった民主党が崩壊し、自民党に対抗できる保守政党になるというのは前原代表の計算どおりだったのでしょう。

 しかし、リベラルを排除したとは言うものの、旧民進党の候補者はこれまでと180度違う事を言って新党に参加し、一部では選挙で当選したら抜けるという話があったり、選挙のための看板の付け替えに過ぎないのではないかと思われます。

 出来上がったものが第二民主党ではどこに希望があるのでしょうか

 

 代表の小池氏も現実的な安全保障政策を進めるというのには賛成ですが、正直言って、胡散臭いものを感じます。

 小池氏は都議会自民党を抵抗勢力として、TV受けする批判で都議会選挙で勝利しました。

 しかしながら、政局以外では都政で何の実績もあげておらず豊洲移転問題をこじらせただけ。オリンピックの経費削減もできていない

 果ては、1年ちょっとで国政進出し、それに反発して、最初の都知事選の時から手伝ってきた音喜多都議ら2名が昨日、都民ファーストの会を離脱しました。

 音喜多氏曰く、しがらみの無い政治、都政の透明化を訴えてきた都民ファーストが、以下のとおりそれに反することをやったから離脱するのだという事です。

・都民ファでは密室で代表者が選ばれ意見ができなかった

議員の自由な発言が封じられ、TVなどメディア出演が規制された。

希望の党が右から左まで主張理念が異なる人が集まった選挙目当ての野合にしか見えない

都議選の翌日に知事に専念すると言って、都民ファの代表を降りたのに、すぐに国勢政党の代表になるというのは理解できない

 

音喜多氏の指摘はごもっともだと思います。

 

話題を変えて、今回の選挙の経済政策に関してですが、

安倍政権が2度延期してきた10%への消費増税(増税分は子育てにあてる)を認めざるを得なかった点は非常に残念です

 

 日本に財政問題など存在しません。教育無償化の財源は教育国債でやるべしとこのブログで書いてきましたが、安倍政権では、税率2%の範囲でやるという事にしたのでしょう。

5→8%の時に失敗したのは、消費税で3%分国民の所得を奪ったのに、それに見合う財政出動をしなかったからです。

 財政出動と金融緩和のセットこそが、唯一の経済正常化、インフレ化への道です。

 今回は前回と違って、消費増税分で国債を償還するなどというバカな事はしないみたいですが、もっと財政出動しないと景気が冷え込み、増税したのに税収が増えないという事態になりかねないと危惧します。

 

 一方、経済政策に関しては「ユリノミクス」なる代物を示しております。消費増税凍結を掲げているのは賛成ですが、正直言って、安倍政権に対抗する人気取り以外の意味合いがあるとは思えません。

 なぜなら、希望の党の経済政策には、「金融緩和と財政出動に過度に依存せず、民間の活力を引き出す」という何をするのか全く分からない抽象的な文言しかないからです。

 アベノミクスが現時点で失敗しているのは、財政出動に依存するどころか、最初の1年しか財政出動せず、2年目には消費増税で財政が逆に足を引っ張ったからです。財政出動以外にどうやって民間の活力を引き出すのか?規制緩和だけで経済が活性化するのか?

 こちらも非常にうさん臭いです。

 

 最後に、うさん臭すぎて逆に面白かったものは12の「ゼロ政策」です。

 その中でも「花粉症ゼロ」を掲げたのは驚きでした

日本中の杉や檜やブタクサを全て伐採するという事でしょうか。どう考えても実現不可能ですが、子どもでも無理だとわかる事を堂々と掲げるのは逆に面白く、インターネットでも注目が集まっておりました。

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース