むかーし、?、いつだったか、、


私はクルクル寿司に食べに行くと

いつもクルクルしてるお寿司を食べてた。


あの上で回ってるお寿司は

もしかしたら誰も食べることなく

捨てられてしまうかもしれない、、


私は自分が食べたいものから選ぶ

ということを知らず


目の前で食べた方が良いものの中で

食べたいものを選んでた。


そしたら、、

一緒にお寿司食べてた人が言った。


わかるよ。わかるけど、、

それも考えられてるからいいんだよ、

好きなもの食べれば。


目から鱗が落ちた、とはこのこと。


自分の生き方全て、

無意識にそういう選択の仕方をしていた。


その方が良い、という枠が

自分の可能性を狭くしている。


その方が良い、という枠が

大切なものを保持していることもある。


自分の根源にあるものは何か。


もっとシンプルに、


もっとシンプルに


そのまんまの好きを。。


慣れない選択、、日々鍛えてるナウ。