感染管理

テーマ:

インフルエンザやマイコプラズマなど流行ってますが、皆さん、手洗い、ウガイを行い予防してますか?


とは言ってもかかってしまいます。(x_x;)


先日、私もそれらしい病気にかかって、4日も寝込みました。(^_^;)


当救命救急センターにも、子供から大人まで夜間や休日に、大勢の患者さんが受診されています。


ところで、この画像は、風邪など上気道炎等で受診した時に使用している、ネブライザー吸入器です。


救命救急センターでもよくネブライザー吸入器を使用していますが、今回はその管理方法をお知らせします。



飯塚病院 救命救急センターのブログ


当院には、感染管理チームがあり、このようなネブライザー吸引器についても、そのチーム中心に感染対策に厳しく取り組んでいます。


ネブライザー吸入器のこの部分。
飯塚病院 救命救急センターのブログ
使用後は、専門部所に集められ、よ~く洗浄され、その後高レベルの消毒を行います。

さらにその後、よ~く乾燥させたあと、下の画像のように個別に梱包されて保管されます。


これを、各患者さん毎に使用しています。


飯塚病院 救命救急センターのブログ


当たり前のことですが、このようにきちんと感染管理しています。


初”更新”

テーマ:

初めて更新します。(;^_^A


と言っても3回目の更新です。


2度目、3度目はクリックするボタンを間違えて、すべてなくなりました。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。


も~それはそれはショックな出来事でした。


よく使い方を、知らないまま始めた私もわるいのですが、1時間あまりかかった長文が一瞬で消えたときのショックは、も~しばらく更新しない!って気分に十分になれました。


そんな悪~い記憶も消えかけた本日、もう一度更新トライします。


今回は、電話についてアップします。


飯塚病院 救命救急センターのブログ

これが、”院内で使っている電話”です。


これに、それはそれは、様々な要件の問い合わせがあります。


患者さんの不安な心境を察すれば、電話の応対なんて、と思うのですが、ゆっくりお話する時間もないこともあります。


そこで、今回はよくあるご質問について、Q&Aでアップします。

すこしでも、このページを見て頂いたかたの記憶に残れば幸いです。


Q. 今行くと待ち時間はどのくらいですか?
A. その時々の状況、あるいは患者さんの重症度や緊急度によって異なりますので、お電話でお答えすることは難しいです。土・日・祝日は特に混雑することが多いため、大変申し訳ありませんがある程度待ち時間が生じてしまいます。


Q. 今から○○科の先生に診てもらえますか?
A. 救命救急センターでの外来診療は、「内科系」「外科系」「小児科」の3つです。日によって担当の医師が替わります。休日・夜間はその日の担当医師が初期診断・初期治療を行います。(救命のために急を要する検査・処置・治療が必要であると担当医師が判断した場合のみ、各科の専門医が診療いたします。)


Q. 患者の家族のものですが、いつももらっている薬を出してもらえますか?
A. 申し訳ありませんが、患者さんご自身を診察しなければお薬を出せません。救急でなければ、平日の日中に受診していただきますよう、お願いいたします。


Q. ○○科の○○先生を呼んでいただけますか。
A. 休日・夜間の救命救急センターは、医師が当番制で診療を担当しています。救急の場合はその日の当番医が診察いたします。


Q. 今家族が飯塚病院に入院しているのですが、どのような状態か教えていただけますか?
A. 休日・夜間に限らず、患者さんの症状などについて、お電話でのお問い合わせにはお答えできません。



以上です。


また、その他、救命救急センターの役割などについては、下記にリンクを貼りつけておきます。


ぜひ、ご覧ください。


【2010年12月号】救命救急センターの診療体制/救命救急センター受診後の入院
http://aih-net.com/patient/news_letter/130/05.shtml

【2010年8月号】こんな症状があったら受診しましょう(心筋梗塞/くも膜下出血)
http://aih-net.com/patient/news_letter/128/04.shtml

【2010年6月号】救急車で行けば待たなくていい、ってホント?/小児救急電話相談「#8000」
http://aih-net.com/patient/news_letter/127/05.shtml

【2010年4月号】地域連携ささえあい小児診療/兵庫県・柏原病院の小児科を守る会
http://aih-net.com/patient/news_letter/126/04.shtml

【2010年2月号】救命救急センターの概要/トリアージ
http://aih-net.com/patient/news_letter/125/05.shtml


ここ数日で~

テーマ:
本日より、救命救急センターのブログを開始します。チョキ

今日の更新は、最近ここへ配属となりました。
ER-AIDE ツルです。
ER-AIDEってなに~と思いますが、仕事内容は今後少しずつ、アップしていきます。

ところで、当救命救急センターも移設後6年を迎え、少し老朽化がみられます。
待合室のソファーも少し(←ずいぶん)傷んでます。
来年、買い換えるため、本日は予算の申請作業にうちこんでいました。

そんなことしてる間に、もう一人のER-AIDEは、懸命に現場仕事にうちこんでました。

エコーをフキフキ。
血圧計をフキフキ。
心電計をフキフキ。

おかげで、救命救急センターは見違えるように綺麗になってます。←前が汚かったとイメージしないでください。シラー

一方、心肺停止の患者が来れば、真っ先に心臓マッサージを開始!

1日をフル活用している様子です。

まだまだ若いかれは、24歳独身です。ニコニコ

がんばってます。

$飯塚病院 救命救急センターのブログ


それと、2点ほど設備のバージョンアップが行われました。

不足していた電源プラグが天井に追加されました。




$飯塚病院 救命救急センターのブログ

そして、放射線画像はついに電子化へ。
$飯塚病院 救命救急センターのブログ
このディスプレイで、3DCTも簡単に綺麗に見ることができるようになりました。