選挙の審判が下されました。

支援をいただいた方々には、私の不甲斐なさに申し訳ないと感じております。

党が躍進する中、惜敗率1%差で比例復活も敵いませんでした。

「負けに不思議の負けなし」