20年度に始まる「大学入学共通テスト」での導入が決まっていた英語の民間試験活用が延期が決まり、国会での論戦が続いている。

 

「読む・聞く・話す・書く」の4技能のうち、「話す」技能をはかる為に民間試験活用だったが、以前から地域間格差や試験代が高額な事から親の所得格差の影響が出るのではないかと指摘されていた。

 

個人的には日本の英語教育には問題があるし、「読む・聞く・話す・書く」の技能を高める為の方向性は間違ってないと思うが、受験生間で生じる格差は是正されなければならない。

 

新制度では「大学入学共通テスト」の英語試験と民間英語試験を受ける必要性があるので、個人的には政府が民間試験に拘るのであれば二回の英語試験受験料は大学入学共通テストの受験生は国が免除するのが筋だと思う。そして、試験を全ての都道府県で受講可能にするべきだと思う。

 

それを国が出来ないというのなら、「大学入学共通テスト」の英語は共通テストを軸として、民間試験のスコアを代替えできるようにすべきではないのか。

 

今のままでは、日本の教育は「試験のための試験」になり、誰も得するものとはならない。

 

一体、何の為の教育なのか?

 

それにしても、国によって教育や学生、学校がこうも振り回されるなんて、総理・文科大臣・文科省は万死に値す。