今日、安倍改造内閣がスタートする。

 

報道で伝わる顔ぶれをみると、総理の側近を重用する「お友達内閣」の印象だ。

 

メディアは外務・防衛・経産各大臣の顔ぶれから対韓強硬シフトと論じているが、

そちらではなく従米シフトのように私には思える。

特に米国とのFTAを含む貿易問題が裏でこっそりと進められるだろうから、米国に従う布陣にしているのだろう。

 

あと、小泉進次郎氏の起用で「ポスト安倍」が注目されるが、ポスト安倍の本命視は河野太郎氏が主軸になるのだと思う。

 

この内閣をみていると、安倍総理は自民総裁4選を狙わないのではないかと思う。同時に残り任期の期間中に悲願の憲法改正を実現しようという思いが強い内閣のようにも感じる。

 

次期国会はメインテーマが憲法改正。サブテーマが日米FTAといったところであろうか。