統一地方選挙が近づいている。

 

選挙前だけど、選挙前のような感じがいつも以上にしない。

 

自分の住んでる地域だけでなく、他の地域に行っても同じように感じるので、前回からまた大幅に投票率が下がるのではないか。

 

地方議員のなり手不足の問題もあるが、無投票地区も増えている。

 

投票率が低い問題と、無投票というのは深刻な問題だと感じる。

 

ここまでくると、民主主義が機能しなくなっていっていると言っても過言ではない。

 

私の尊敬する大前研一氏などは、いっそのこと「地方議会を廃止すべき」と提言されているが、議会として何もしないのであればそうなのかもしれない。

 

議員は議会人である以上、議会で何をしたかが一番に問われるべきである。

 

どこどこに行った、挨拶した、話を聞いたというのは政務であり、議会人の一番の仕事ではない。

 

地方分権を含めた、地方議会のあり方を徹底的に改革しなければ、日本に渦巻く様々な格差も解消されないだろう。

 

https://blogos.com/article/363968/