安倍総理が先日の自民党大会で「悪夢のような民主党政権」という言葉を使い、国会で野党が反発している。

私も民主党政権を支える党側の人間だっただけに、言われたくないよという思いはあるものの、選挙という戦いがある以上、過激な言葉が飛び合うのはある程度仕方がない事だと思う。

情けないのは、野党がこの発言を国会論戦に持ち出し、「取り消せ!」、「撤回しろ!」と迫るところだ。

逆に「途中で投げ出した無責任な総理よりましだ!」ぐらい皮肉とユーモアで斬り返すぐらいあってもらいたかった。

ほんと、国会でこんな事を議論するなんてくだらんし、国民は置いてけぼりだ。


同じ土俵に乗った時点で野党の負け。


今の野党の弱いところは、こんなところにあらわれている。


強い野党が必要だ。