先日の橋下、玉木、小沢の対談番組を見ていても考え方にさほどの違いを感じなかった。

競争原理を働かせて市場を活性化させるのも大事だし、弱者を救い出すセーフティネットも大事。

イギリスのトニー・ブレアの掲げた「第三の道」こそ、今の日本に求められる政治思想・政策であると考えるし、野党は「第三の道」を政策の柱に据えるべき。

安保の賛否や旧態依然としたイデオロギーで対立する政治をそろそろ終わらせるべき。