技能実習生や新しい在留資格の是非は別として、この記事や制度批判をする人々はあまりにも木を見て森を見ずの議論になっている。


残念ながら不幸な事実はあるものの、「失踪者」は全て被害者ではない。同じ外国人労働者なのに仲間は空調の効いた環境で良い給与体系なのに、自らは炎天下で安い賃金なのに現場迄の移動時間は労働時間にカウントされずなど労働環境の不満に対して甘い言葉をかけてくるブローカーが存在してくる。


今の問題は外国人労働者をあまりにも管理しすぎで、彼らが日本に来るのに多額の借金を背負わされる事。また、日本の企業側も外国人労働者を受けいれる為に多額の負担が生じる事。問題は制度が作り出している事に与野党ともに、また外国人労働者を必要としている人々も目をつぶりすぎな事だ。


技能実習生制度をやめ、在留資格も新たな資格のような形ではなく就労要件を緩和するべきでは。


それをするだけでも、失踪や不法就労はなくなる。


本当に開かれた、そして共生する国を日本は目指すべき!


#外国人労働者 #外国人技能実習制度 



https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/241236