「沖縄知事選の火蓋」

テーマ:

9月30日に投開票を迎える沖縄知事選は玉城デニー氏と佐喜眞敦氏の事実上の一騎打ちの構図となり始まった。翁長雄志沖縄県知事の急逝を受けての選挙戦は、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設問題が最大の争点となる。

 

これまで何度も記しているが、本来であれば一自治体の選挙で我が国の安全保障体制が左右されるような事はあってはならない。しかしながら、この辺野古への移設問題は長年国民が知る政治問題化している。また、琉球と日本の歴史的経緯や日本国内で唯一地上戦を経験した沖縄という土地、また戦後のアメリカによる占領政策や日本に復帰後も残る過度な米軍基地問題がある以上、争点化せざる得ない問題だと感じる。

 

これらの問題を私達、沖縄以外の日本人はしっかりと見つめ直すべき問題だし、「基地で潤ってる」や「優遇されている」と言った上から目線的な考えは私達は改めるべきだ。

 

沖縄県民が知事選においてどのような判断をするのか分からないが、日本国政府も沖縄もその結果を尊重すべきだ。

 

仮に移設反対派が勝利すれば、確かに国と国との約束事ではあるが、国がその地域の住民が反対するものを他国に提供する事がたとえ約束だったとしても正しいのかは考えなければいけない。また、アメリカの安全保障政策は常に変化してきている。アメリカとて自国のプライド(米軍が展開する他の地域の基地への波及など)を傷つけずに、新たに再交渉すれば、アメリカとて中国側と間近である最前線の沖縄から分散したいという思いもあるので議論にならないわけではない。それこそ、外交努力だ。我々、日本人は「NOと言える日本」として、辺野古以外の選択肢をアメリカと交渉すべきだ。

       

何もアメリカに対して言えないのはおかしいし、本音を言わない日本をアメリカは信用もしないだろうし、利用するだけだろう。対等な関係と、相互理解が必要だ。

 

ただ、この移設問題を一部の極左の方々がその方々の為の政治運動に利用し、様々な方々に暴力をふるっている。こういった方々がいるから、また移設問題を含む基地問題が一部の方々のイデオロギー闘争へとなり、おかしな方向へ進んでいく。

 

日本の中の沖縄を、しっかりと考える選挙にしてもらいたい。

 

そして、どちらが勝っても、その民意を沖縄も日本国政府も尊重してもらいたい。

 


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180831-00235772-toyo-bus_all