「議員年金復活」

テーマ:

先日、ある政治家経験者を訪ねると「私らの頃は議員給与も低かったし、政務活動費もなかった。政務活動費は体のいい給与アップだよ。」と言われた。

 

確かに、この政務活動費に関する賛否はある。地域や住民に還元される形での政務活動費の使い方なら問題はないのだろうが、燃料費に大半が消える実態などを見ていると「第二の給与」と思われても仕方ない。

 

そのような中、自民党は来年の通常国会で地方議員が厚生年金に加入できる法案を提出するようだ。議員年金は制度維持が困難という事もあり廃止された。

 

「なり手」不足等、様々な理由を述べているが、私には「特権」創設のようにしか思えない。

 

まだ、堂々と市民・国民に説明をして、創設に向けて議論をすればよいが、各地方議会で提出された意見書も市民・国民の知らないところで勝手に進められた。

 

市民の代議員である地方議員が、その主権者である市民の意見を確認しないまま勝手に自らの身を守る制度を創っていっている。このような事が続けば政治不信は更に高まる。