岸田総理が政倫審に出席の意向を伝えた。

 

自民党裏金疑惑の議員を巡って政倫審の開催が二転三転している。

 

自民党のガバナンス能力の欠如によるものだが、世論の批判からか、なぜか出席を求められていない岸田総理が自民党総裁として出席の意向を示した。

 

出席を拒む裏金議員を出席させるために、岸田総理が先ずは自らが出席するというのであれば納得もできるが、

出席を拒む裏金議員の代わりに岸田総理が出席して、この問題の幕引きを図るのではあればナンセンスとしかいいようがない。

 

前者であれば、野党は受けるべきだろうし、

後者であるなら、野党は断固拒否すべき。

 

そもそもが、今まで予算委員会でこの件に関しては岸田総理もテレビの前で公開された中で話している。岸田総理が政倫審に出席し、それを全面公開したところで何も変わらない。

自らの出席と裏金議員の出席がセットなら大きな意味はあるが。

 

岸田政権はダッチロールに陥った。

 

以前、私は岸田総理の訪朝の後、解散総選挙となる可能性があると述べたが、

マスコミ各社が岸田総理の訪朝の可能性を伝えはじめた今では訪朝も立ち消えになるのかもしれないし、

仮に訪朝しても岸田総理の狙っているように支持率は回復しないだろう。

 

岸田総理の退陣へのカウントダウンは始まった。