そもそもシャンプーソムリエスカルプブラシの「シャンプーソムリエ」ってなに? | シャンプーソムリエ関川忍のBlog

シャンプーソムリエ関川忍のBlog

シャンプーソムリエ創始者という立場で、ヘアケアを中心に美容に関する様々な情報を記事で書いています。
ヘアケアを突き詰めると栄養学にも発展し、現在はオーソモレキュラー療法を基本とした栄養学方面からのスキンケアやヘアケア、ダイエット情報も面白いと思います。

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

 

今大変な好評をいただいておりますシャンプーソムリエ スカルプブラシ(シャンソムブラシ)ですが、まだまだシャンプーソムリエのことを知らない方も沢山いらっしゃいます。

 

そして、何故このブラシに「シャンプーソムリエ」というブランドを与えたか?

 

これにはとっても深い意味があります。

 

そもそも、シャンプーソムリエとはその人の頭皮環境や髪質、そしてヘアデザインに合わせてシャンプーをセレクトする特殊なスキルをアカデミーで身につけた人を言います。

 

このスキルが磨かれていくと、シャンプー剤の裏面の全成分表示を見ただけで、それを使わずともシャンプー剤の泡質や指通り、洗い上がりや頭皮に対する刺激なども正確に分析できるようになってきます。

 

まあ、このあたりは感覚の優れた美容師さんなどでも稀にいるかと思います。

 

ただ、シャンプーソムリエはそこだけでは終わりません。

最近は頭皮が痒かったり、炎症をしていたり、フケが止まらなかったり、更には薄毛や抜け毛の方も増えてきています。

 

こういう方はシャンプー剤を変えただけでは改善が見込めない場合があります。

そのため、今度はその人の栄養状況を把握し、食事や栄養素のアドバイスもし、頭皮(肌質)を改善するアプローチも考えます。

 

つまり、これがシャンプーソムリエがお客様に対するカウンセリング工程になります。

 

そうすることで、ぴったりのシャンプーやトリートメントが見つかり、更には頭皮環境も改善されていくんです。

 

ところが、こういうことを長年やり続けてきた中で、どうしても改善出来ない場合があります。

特に、どんなシャプー剤に変えようが、なかなか状況が改善しないというケースです。

 

この大きな原因は、シャンプー時の洗い流しが出来ない方が非常に多いってことです。

ここ重要なところですが、シャンプーをする前にどれだけの人がシャワーで髪を洗っているのでしょうか?

 

大体の人が洗うというよりは濡らす程度ではないでしょうか?

これとってもヘアケアでは大切なことなんです。

 

 

シャンプーする前の洗い流し

シャンプーした後の洗い流し

トリートメントした後の洗い流し

 

全て、余分な汚れやシャンプー剤、トリートメント剤を洗い流すこと。

これがシャンプーという工程で最も重要なんです。

 

シャンプー剤はあくまでも汚れを洗い流すための補助ツールで、メインツールでは決してないんです。

例えば、キッチンで食器を洗う時もお湯だけで食器が綺麗にならないので食器洗い洗剤を補助ツールとして使います。

 

 

そして、洗い流しはサッとしただけで、食器がキュッキュッとするなんて、食器洗い洗剤の宣伝を聞いたことがあるかと思います。

髪も頭皮も同じで、洗い上がりにはシャンプー剤が完全に流れていることがシャンプー終了の目安なんです。

 

しかし、それをするには美容師さんと同じくらいのシャンプー技術が必要になってきます。

だって、通常3分以上流さないとダメです。

 

それもプロの技術を持ってしても・・・。

 

3分以上ってかなり長い時間です。

シャンプー剤をつける前に3分

シャンプー剤を流すのに3分

トリートメントを流すのに3分

 

約9分間の流しの時間が必要になってくるから当然大変でやりきれません。

 

そこで、この時間短縮をなんとか出来ないか?

ということで考え出したのがシャンソムブラシなんです。

 

 

これを使うことで、流す時間は1/3程度まで短縮し、更に頭皮も綺麗になります。

 

頭皮が綺麗になることで、髪の根元が立つようになります。

毛根が綺麗になるので髪が健やかに育つ条件が整います。

毛根にこびりつく過酸化脂質がなくなるので頭皮の炎症が治まりますし、ニオイも無くなります。

 

 

そう、この毛根にこびりつく過酸化脂質という脂の塊がニオイの元だったり、脂漏性皮膚炎やふけの原因だったり、シャンプー剤やとりとめんとざいが残りやすい条件物になります。

 

 

 

これを細かなピン先で掻き出すので美容師さんのシャンプー技術と同じレベルでシャンプーができるようになってきます。

 

たかがブラシではありますが、実はこういうことで開発しています↓

 

 

全国の美容室で購入が可能ですので、ヘアケアを真面目に考えたいという方は是非美容師さんに相談してみてください。

 

 

 

再生医療による「美肌」「発毛」に興味のある方はこちら↓

〈お知らせとお願い〉
□▷2018年のSSAカリキュラム>>>SSA HP 
□▷僕の会社>>>株式会社アイザ
□▷本ブログ内容に関するご質問、お問い合わせ>>>Facebook Message