キュベシノブハイドレイヴの正しい使い方と水素トリートメントの未来 | シャンプーソムリエ関川忍のBlog

シャンプーソムリエ関川忍のBlog

正しいシャンプー選びの基準、インナービューティー関係を中心に価値ある美容室づくりに役立つ情報をブログ形式でお伝えしております。


テーマ:

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

 

美容業界ではエイジング毛やアレルギーに対する対策商品が次々に出始めてきています。

これは非常にいい傾向かと思います。

 

おしゃれを楽しむ為には髪のダメージやアレルギーというリスクを少なからずかけなくてはいけません。

どんなに髪が綺麗に見えようが、ヘアスタイルが素敵に見えようがそうです。

 

そんな中、特にアルカリと過水(過酸化水素水)を混ぜて使うヘアカラー剤は非常にその問題が大きいです。

 

そういうリスクを回避するヘアカラー剤も発売されてきましたが、どうしてもそれだけでは難しいヘアカラーデザインもあります。

 

その時に髪や頭皮上では多量の毒性の高い活性酸素が発生しています。

それをSODやカタラーゼで、そして今は最もそれを除去する効果が高い水素が使われ始めています。

 

そんな中、コスト面や水素の発生時間等を考慮して開発されたのがハイドレイヴです。

 

 

この開発には我が師匠であるSSAや有本塾主宰の有本さんに散々現場で水素濃度や使い方などを検証していただき完成しました。

 

そして、この開発意図はお分かりの通り先ずは、ヘアカラー後の毒性の高い活性酸素の完全除去!

さらに、ケイ素を微量に配合することによる頭皮細胞の活性化(エイジング)です。

 

ポイントはなるべく長い時間(約10分以上)ハイドレイブを混ぜたお湯に頭皮や髪をつけておくことです。

何故なら、ハイドレイヴは水に触れることで大量の水素を発生するからです。

 

また、フォーフルール社からハイドレイブをMIXしてヘッドスパを安全にできるノニオンタイプのスパ専用のクリームも発売されていますのでオススメです。

 

通常のクリームはどうしてもカチオン界面活性剤が配合されているので頭皮への残留が懸念されるのでやっと完成したカチオン界面活性剤未使用のスパ専用のクリーム基剤です。

 

 

スパで頭皮や髪に満遍なくハイドレイブを行き渡らせた後、シャンプーボールにお湯をためて丁寧にチェンジリンスすることで、さらに水素が発生しますのでスパと活性酸素除去が1工程で出来るのでオススメ商品です。

 

この技術は、本来瞬時に気体化してしまう水素のデメリットを改良し長時間水素が発生する特殊水素原料を使用したハイドレイヴならではの活性酸素除去法になりますので、他の水素では多分これだけの時間は難しいかな?

 

・・・と思います。

 

そして、これをきちんとやった上で、ハイドレイブの応用編で、トリートメントメニューを考えるのもありかな?

と思います。

 

少し前に水素を取り入れたトリートメントが話題になりましたが、水素発生量や持続時間はお墨付きのハイドレイヴですので、きっと美容師さんの工夫でそれ以上の価値あるメニューもできると思います。

 

なぜそう言えるかというと、それの水素の特性をある程度原料メーカーさんに確認しているからです。

 

そうそう・・・

 

以前、ハイドレイブ水(20%濃度)をスポイトに作って、大きなロッドでワインディングして、ハイドレイヴ水をパーマ剤の様に塗布し、その後プレゴ(無い場合はスチーマー)に10分入れたらめちゃ質感あがったんです。

 

試しにやってみて下さい!

 

効果の持続は1週間程度でしたが、これに酸トリやその他のシステムトリートメントを組み合わせるといいかも?

ちなみに酸トリを使う場合はハイドレイヴが先が良いそうです。

 

金額設定は各お店の考えで幾らとかは分かりませんが、是非チャレンジして欲しいと思います。

 

 

 

 

分子栄養療法(オーソモレキュラー)の美容編の2018年2期生募集開始↓

 

シャンプーソムリエアカデミー6期募集はこちらから↓

 

シャンプーソムリエ集中コースはこちら↓

 

再生医療による「美肌」「発毛」に興味のある方はこちら↓

 

 


〈お知らせとお願い〉
□▷2018年のSSAカリキュラム>>>SSA HP 
□▷僕の会社>>>株式会社アイザ
□▷本ブログ内容に関するご質問、お問い合わせ>>>Facebook Message

シャンプーソムリエさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります