亥崎雨龍のだらだらやらせて

亥崎雨龍のだらだらやらせて

ここは、小説・脚本等を趣味で書いている亥崎雨龍のブログです。
基本的に、だらだら不定期更新しているので更新スピード遅めですが、興味があったら見ていただけたらなと思います。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
どうも、最近ようつべにゲーム動画なんかをあげたりしてる亥崎です。
まったりとしたノリで、こっちに何も書いてないじゃないのってつっこみがきたので書き込んでみました(ぇ

最近は、ドラゴンクエストビルダーズをクリアして、今まったりチャレンジ項目を消化してるところです。
その辺も動画であげたりするので、もしよかったらYoutubeのほうにもきてやってください。

さてさて、そろそろ何か小説書きたくなってきたので、今ネタをスマホに入れつつ考案中です。
歴史を絡めたお話でもいいなぁ、なんて思いましたが難しそうですね^^;
やるなら、作画してくれる人見つけてマンガにしたほうが面白いかもと思いましたが・・・まあ、その辺はそのうちってことでw

あと、先日ログホラTRPGのセッション第二章が終わって天狼丸君が強くなりました。
あ、天狼丸君の能力値はこちら
セッション的には、ゴブリン王の帰還らへんのお話をやりました。
内容としては、貴族の貴婦人とお子さんを守るお話でした。
キャラクターのリビルドが出来たので、ガッツリタンクに変えたら私だけ体力3桁になってましたw
ともあれ、シナリオも面白く、相変わらずのシビアな戦闘にドキドキしつつも次の章を楽しみにしてます^^

それでは、色々とのんびり進行してますが、お楽しみにーってことで失礼します。

テーマ:
というわけで、お久しぶりといったところです。
新しい生活に眠気などと戦いつつも頑張ってます(笑
元々夜型の人間だったのですが、生活習慣の変化で朝型人間になりつつあります。
なんせ、最近は朝5時起きだったので、いやおうなく朝方になっていきます。

そして、そんな中でも0ハジでお世話になっているさのやさんの友人の方々などとTRPGも楽しませてもらってます。
いろいろと無理を言っていて本当に申し訳ない部分がありますが、楽しくやらさせてもらっているのでやめたくないというのが本音です><
ちなみに、今やってるセッションは『インセイン』と『トーキョーN◎VA』と『ブラッドクルセイド』と『グランクレスト』です。
こうやって書くと結構やってるなぁ・・・まあ、楽しいから問題ないんですけどね!(笑

あとはまあ、最近信長の野望創造をバリバリやってます。
主にトロフィー集めと大量にある歴史イベントを満喫しているといったところでしょうか。
一週目は織田家でやってクリアしたのですが、今までの信長の野望の中で一番強いかもしれませんね。
武将が勝手に成長していくシステムのおかげで、元々能力の高い武将が多い織田家に負ける要素が皆無でした(笑
あと、信長の声だけランサー兄さんの声をしていた神奈延年さんがやっていてかっこいいなぁ、なんて思っていました。
二週目は信長様が討ち取られる本能寺の変から始まるシナリオ『夢幻の如く』をやっています。
主に羽柴秀吉率いる信長弔い合戦軍と、明智光秀率いる新政府軍のバトルをしています。
ケツから波多野に突っつかれて大変でしたが、今は何とか大丈夫・・・という感じに楽しんでいます。

それと、本関係でいうと・・・最近図書館によく通っています。
高い本は買うだけでも大変なので、図書館の検索サービスを活用して本を予約して借りてたりします。
今読んでるのはTRPGを使ったジャンル『RPF』を行った星海社がネットで発表したリプレイ風物語『レッド・ドラゴン』を読んでいます。
まさか図書館においてあるとは思いませんでしたが、全巻借りて一気見しています。
あとは、それと平行にライトノベルの書き方という本を見つけたので自分の技術向上に読んでいます。
なかなか自己流では伸びが期待できなくなったということもあり、思い切って話の書き方を読んでみようと思い読み始めました。
昔習った事以外の事もあって、とても勉強になります。

そんな感じで私はのんびりとやっています。
時間があれば何か出来ればと思っていますので、なんとなく声をかけてみてくれればなと思ってます。
これからも亥崎雨龍をよろしくお願いします。

テーマ:
というわけで、お久しぶりです。
2014年初ブログなうえに、今日は成人の日です。
成人式はもう何年か前にやったので今はもう遠い過去ですね(ぇ

ともあれ、近況報告おば。

現在の依頼状況は、2件承ってます。
依頼内容はまだ作品を公開したわけではないので詳しい事はいえませんが、当たり前なのですが面白いものが作れるように努力していますとだけ言っておきます(笑

次に、うちのサイトでシナリオアーカイブを作りました。
過去に作ったシナリオ、もとい脚本を何かの参考になればと思って載せました。
フリーで使えるような掛け合い用の脚本なんかも増やしていこうと思っていますので、ちょこちょこ見てもらえればと思っています。

そして、デジタルノベルのコーナーを作りました。
デジタルノベルというのは、ゲームという枠から脱却するためのコンテンツらしいです。詳しくはこちらを見てください。

そんな感じで、ちょこちょこと活動は続けています。
相変わらずの低速ですが、これからもよろしくお願いします。


テーマ:
というわけで、パソコンが壊れてズーンとメンタルが落ち込んでます。
これ書いてるのだって家族のパソコンなので、いつでも使えるわけでもないという。
この時間くらいまでパソコン使っている人がいるために、TRPGに参加も難しいかもしれないので、結構どぎまぎしてたりします^^;

一方、パソコンが壊れていた間にFF14のβ4がありましたね。
フォーラムに書いたフィードバックがかなり取り込まれていてやりやすい環境がランクアップされてて良かったです^^
とはいえ、β3の時とは違いレベルキャップが20だったので「製品版待ちかぁ」なんて思いながらやっていました。
製品版ではやっぱりFF11と同じくTekkiとしてやるんで、もしすれ違ったらやさしく声を掛けてやってください(笑

そんなこんなで、しばらくサイト更新がないかもしれませんが、許してやってください。いや、本当にお願いします!

それでは、失礼します。

テーマ:
日付も変わり、昨日の18時にβ3の感想なんかをつらつらと語っていきます。

今回、私が体験したのはPS3版です。
最初のキャラメイクで、ミコッテの男を見て「うーん」となりつつも、FF11と同じくTekkiを作りました。
タルタルにあたるナナフェルを選び、初期クラスは剣術士を選んでスタートしました。
最初のオープニングを見て、「こいつがFF14クオリティか」などと感心しながらムービーを眺めてました。
なんというか、オープニングの導入もなかなかおもしろく、剣術士が最初に行く都市ウルダハへ向かう道すがら、ウルダハがどういう都市なのか、蛮族や土地の雰囲気を教えてくれる話したがりのおじ様と話しながら都市に馬車で行くというものです。
物語を盛り上げる上で必要な最初の導入は重要でしたので、これには面白いと思いました。

ウルダハについてから、最近のMMORPGによくあるチュートリアル込みのお使いクエストです。
これによって、FF14がどういうシステムなのかがわかります。
しかし、まだβ版なのかわかりませんが、説明が乏しい部分が感じられるところがありました。
というのも、戦闘システムに戸惑ってしまったからです。
FF11は相手を殴ると占有できるシステムになっていますが、FF14は共闘システムが採用されています。
共闘システムは、横殴りをしても最初に殴った相手と同じ経験値をもらえるというシステムです。
とはいえ、同じ経験値がもらえるのは一定量攻撃したプレイヤーのみなので、いきなり横から高レベルプレイヤーが殴って倒しても経験値はもらえませんし、最初に殴ったプレイヤーにアイテムゲットの権利は残りますので、面白いシステムです。
FF11の時の感覚があったせいか、初期はかなりイラッとしたんですが、慣れればいいシステムだなと感じました。なぜなら、瀕死になりかかっているところに横から助けてくれる事があったので、そこから挨拶をしたり仲良くなるようなシステムなんじゃないかなと思いました。

戦闘もホットバーと呼ばれるシステムにより、戦闘も楽しかったです。
戦闘スキルから戦闘スキルに繋がるコンボがあり、それを繋げて戦うのが面白く、戦闘も頭を使う戦いになっていくのを感じました。
また、戦闘のシステムのF.A.T.Eがレベル上げやお金集めなどで本当に助かるシステムでした。

レベルも上がり、10になると他のクラスや採集/製作のクラスが習得できるようになりました。
サポジョブみたいなのかと思っていたのですが、クラスごとに他クラスの時に使えるアクションが限定されるというおもしろいシステムでした。

最終的に、剣術士をレベル15までしか上げられませんでしたが、物語も面白く、また風景を見るために冒険するのも面白い、充実したβ3でした。
これからまだまだテストは発売まで続いていくでしょうが、どんな雰囲気になっていくんだろうと楽しみでしょうがありません^^

今回のβ3終了時のTekkiです。
PS3にスクリーンショット機能が見あたらなかったので写真取って加工しました^^;
これでまずそうだったら消すかもです。

【記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。】


亥崎雨龍のブログ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。