占星術を使った考え方って?無謀(?)な挑戦 | 西洋占星術鑑定室・プリズム~いみこの虹~

西洋占星術鑑定室・プリズム~いみこの虹~

毎日正午のホロスコープから今日の気分を読み解きます。
時々子育て、時々雑談(笑)
タロットを引くときもあります。

こんにちは。いみこです。

先日の宣言通り、ちょっと企画を出してみましたお願い

題して・・・「*こな*の焼き菓子とホロスコープを知る集い」
なんのことでしょう???

地元でどんなことができるのか、挑戦です。
貸し室を借りて焼き菓子とお茶を用意して占星術のお話(主にホロスコープから何が見えてくるのかについて)をしてみることへのチャレンジです。

わたしは身内のなかでひっそりと「*こな*」という屋号をつけて焼き菓子を焼いておりました。
発表できる場、販売できる場を作りたいと願っていました。

販売の許可を得るのに必要な設備が難しいです。時間もなく今は販売は諦めています。

こんなにも時間的に余裕がなく作れていないけどにそれでもやっていきたいと思っていたことはやっていきたい!
正直、よくそんなんでやるね!!ってくらいのハードスケジュールなんで不安でいっぱいなんですけどっっびっくり

わたしはホロスコープから見ても今はすごくやらなければならない、火星を燃やし尽くさねば!!という時期炎土星との150度は効いてるし冥王星の影響も強いのですが、そこに負けてると現実は何も動かないのです。
ハードアスペクト持ちで、それが影響を与えている時期に人から見てバカじゃないかと思われてもそこに突っ込んでみることで突破できることがあるんじゃないかと目論んでます。自分の人生で実験、検証です。

占星術の考え方は時間の螺旋構造だと思うのですが松村先生のお言葉を借りれば惑星意識を掴む・・・「進化の流れ」と「創造の光線の下降」という矛盾を飲み込む意識について触れていけたらいいなと思っています。

人の不安の根本を辿ると、究極はやっぱり「生存=生の存続」だと思います。
自分はこのままちゃんと生きていけるのだろうか、という答えの見えない疑問。


見えない答えを探してうろうろするのでしょう。見えなくてもいいんだ、とはなかなか思えない。
探すだけならいいんですが人間には自我がありますのでもっともっとという欲も当然あります。
もっと美しく、もっとセンスよく、もっと賢く、もっとお金持ちに、もっといいものを、もっと美味しいものを、もっと健康に、もっともっともっと・・・。そうしているうちに自分の質を見落としてしまうこともあるのです。
見えなくてもいい、と思ったからといって不安でなくなるということはないでしょう。
ただ、不安だからといって見ないふりをしてごまかすような生き方にはならないと思います。
自我の肥大に苦しむ自分を発見するかもしれません。それでも何ができるのか。探しながらうろうろし、見つけて挑戦して獲得してまたうろうろするならだんだんと迷いも不安も質が変わり、迷いや不安自体を行動のエネルギーに変換していくようになるのでしょう。

春分点を始点に出発して円を描いて再び春分点に戻ってきたときひとつ上の次元に行ける、それを毎年繰り返している、実は毎月、毎日繰り返している、そしてやり直しも繰り返している・・・時間は直線ではない、それだけでも救いになることもあるといいなと思います。

あとは太陽、月の性質(土星も入れなきゃ)が雑誌の星座占いと違うことを示すにはいいかもなあ。

愛知県岡崎市の図書館内でやります。

11月26日(木)13時半~15時の1時間半。
12月17日(木) 9時半~11時の1時間半
参加費は2000円です。当日のお茶とお菓子、お土産の焼き菓子付き。

詳しくはメッセージにてご連絡下さった人にご案内いたします。

よろしくお願いします。

ありがとうございました星