ムギの個人的名場面 その3(唯と紬) | iz-f の ほとんどヒトリゴト

iz-f の ほとんどヒトリゴト

「けいおん!」「たまこまーけっと」を中心に、大昔のアニメやマンガも少々。
 一部最近のも。
BABYMETALがかなり増えてるDEATH!

※記事の内容に関して具体性のある
  コメントのみリプライします。



名場面というより、単なるお気に入りかもです。


                   唯と紬

律「終了間近の合図だったとは・・・」
唯「ムギちゃんがお茶なんか淹れるからだよぅ」
紬「一番おかわりしたの唯ちゃんですぅ~」


#17「部室がない!」で、部室が工事で使えないため、貸しスタジオで練習する
ことにしたが、お茶してるうちに時間切れになってしまい、殆ど練習出来ずに
トボトボと帰途につく5人が歩きながらの会話。


唯もわざとイジワルっぽく、冗談めかして言うのですが、ムギもそれをちゃんと
わかって返してるのが、いいですね。


以前のムギなら出来なかった対応です。


良い意味で遠慮がなくなって、仲間としての一体感が強まってるのを感じさせる
名場面だと思います。


こういった、後ろ姿で歩きながらのアングルは映画でもありましたが(澪「私脱いで
寝る」
のところ)直接表情を見せずに表情を感じさせる、うまい表現だと思います。