小松原三夫のゴルフ道場

テーマ:

知る人ぞ知るゴルフレッスン番組の草分け的存在

そしてなかなかのご長寿番組だった

 

でも、レッスンの中身は相手が誰であれ毎回同じ

 

【 両足をそろえて打ちましょう~~~♪ 】

 

現代のレッスンと言えば、前傾角度がどうのとか

オンプレーン、ツイスト?

シャフトを倒せ?

パッシブなんちゃらとか4スタンス暴論とか

挙句の果てには仰々しい機械でスピン量が何千回転…

それ知ってどうするの(笑)

 

結局教える人間がよく解かってないからって変な言葉や

意味のない数値を出して誤魔化してくる

 

そして二言目には手打ちしてる…

あっ、ダフれ手打ちしろって暴論の人もおったね

 

そんなことはどっちでもいいというか

体も使えば手も使うでしょう

っていうか、手も体の一部でしょ?

 

そんな屁のツッパリにもならないレッスンなんか卒業して

足をそろえて練習してみなはれ

足をピッタリそろえた時と靴一足分開けた時の違いに驚くから

 

足をピッタリくっつけて打ち続ければバランスが良くなり

それだけでスイング自体も良くなるし

斜面なんかも平気で打てる

 

そのあとに靴一足開けて打ち続ければ

パワーの出し方、体の使い方なんて一発にわかる

 

飛ばすときはワイドスタンスにしましょう~~なんて

簡単にレッスンしてるけど、狭いスタンスで打てるからこそ

ワイドスタンスの意味がある

 

靴一足幅で飛ばせるようになると靴二足分開けた時の

パワー感は半端じゃない!

 

そして何より大切なのがひたすら同じ練習を続けること

そうすればボールは常に当たるようになる

スイングも一定する

複雑なスイング練習してる人って

朝一のティショットが恐いでしょう

その不安感がゴルフの最大の敵

そしてその不安感はここ一番で必ずあなたに

襲い掛かってくる

 

ネットで情報がいくらでも手に入るこの情報社会だけど

結局のところ、ゴルフを複雑にしてるのは

あなた自身だってことを・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

倉本昌弘プロの一言が…

テーマ:

ボクは、アプローチの球質と距離感を

 

インパクトの一瞬の当て勘で作る。

 

もちろんパッティングもショットも同じ。

 

でも、あの倉本昌弘プロがレッスンで

 

アプローチは振り幅で距離感を作りましょう。

 

あとはクラブを変えれば色々な距離の打ちわけも

 

できますよって熱心に講義されていた。

 

ふ~ん、結構機械的なんだなぁと思っていたら

 

 

最後に倉本プロが

 

 

『まぁボクはSW1本でインパクトの当て方でやってますけどね』って…

 

 

なんやんねん!!(笑)

 

 

そりゃそうでしょう~

 

振り幅なんて練習の時と緊張した時のスピードが

 

違いすぎるでしょう。

 

ってか、ゴルフって、その人が持ってる勘と

 

経験っていうのが勝負でしょう。

 

そんな機械的な練習で上手くいったら

 

苦労しませんわね。

 

でもこういうレッスンの方がわかりやすく

 

初心者でも取り組みやすいから

 

一概に悪いとは言えませんね。

 

 

気づいていますか?人間の感覚のスゴさを。

 

例えば長いクラブをフルスイングしても

 

意外と簡単に地面ギリギリに振ることができますね。

 

 

ゴルフは人間の勘を信じること、

 

そしてなにより自分の勘を信じること。

 

そしてその勘を磨くことがゴルフだと・・・。

 

それでダメならそれが自分の実力。

 

 

ここでも杉原輝雄プロのお言葉。

 

『努力したからってみんながプロになれるわけではない。

 

でも努力しなければ人生後悔が残ります。それがイヤなら

 

頑張って練習してください』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心に残るお言葉

テーマ:

杉原輝雄プロ

 

マムシと呼ばれた彼のプレースタイルは、

 

距離よりも方向性で勝負。

 

そしてなによりパッティングの名手で

 

パーを拾ってくるという感じでしょうが…

 

 

 

関西出身のボクは彼を見て育ちました。

 

そんな杉原輝雄プロのお言葉です。

 

『ゴルフは攻め続けなければいけない』

 

彼のプレースタイルを見てると、「えっ」と思われるかも

 

しれませんが、ゴルフに限らず、攻める気持ちを忘れたら

 

その時点で終わりですね。

 

 

ミスしても恐れずガンガンいきましょう!!

 

と、自分に言い聞かせて今日は何をしよう・・・