※2014年4月の記事に補足して再アップです
{385A386D-06BC-4022-B28D-16CC08690F53:01}


『幼い頃に甘え損なった人は、

大きくなってからも、

甘え下手になりやすい。


甘えていいはずの人に甘えられず、

1番危険な人に助けを求めてしまう。


うわべだけ見れば、

1番危険な人が、

1番優しそうに振る舞うから。』


今はもうほとんど参考書籍の

紹介はしないのですが、

思い出したので一冊ご紹介。

岡田尊司著『母という病』です。


良い子、悪い子のケース。

完璧主義、愛着不足、

欧米型の子育てスタイルの罠、

アダルトチルドレン、ADHDなどについて

事例をもとに解説してくれるので

すごくわかりやすいです。

そして、その分エグいです。



たまに頂く質問に

『どうして今のような辛い状態/

我慢体質/いいこちゃん/無気力

になってしまったのか知りたいんです。』

というのがあるんですけど、

本音や感情を抑えて

ママに好かれるための仮面作りが

行われるメカニズムは

この一冊で十分理解できます。


自分の感情の蓋を頭で理解すると

自然にその奥の感情も表面化してきます。


感じたいけど感情がわからない。

と悩んでる方は、

こういう知識からアプローチしてみるのも

一つの方法です。


読んでるだけでオエオエしてきた、

という感想も多数頂いてます。


なお、参考書籍にはなりますが

アダルトチルドレンの勉強は一冊で充分です。



大切なのはそこから

自分の本当の望みに向かって

一歩踏み出すことであり、

ワクワクもワサワサも体感していくこと。


知識をどんなに増やしても

在り方が変わるわけではないので

あしからず。。


◇参考記事

◇アダルトチルドレンからの脱却は山登りに例えてもよくわかる。




なお、

ジョンレノン、ショーペンハウエル、

ヘルマンヘッセなどの著名人も

母という病に苦しんでいたとか。


社会的に成功してるとか

地位や名誉に囲まれてるとか、

そういう外側からの評価と

自分の満たされ感は

一致しないことが

とてもよくわかりますよ。



ちなみに、

最初から充分愛着を育まれてる方は

このメカニズムを知らないと、

上っ面のポジティブシンキング的な

感情の蓋を知らず知らずに

押し付けかねません。


そういう方が

カウンセリングなどをしている場合、

学んでおくのをオススメします。


じゃないと

『愛されてるって思えばいいのよ~♡』

『感謝すればいいのよ~♡』

という

何の役にもたたないアドバイス

しか出来ませんから。


◇参考記事

◇感謝しようとなんてしないでいい




なお、

この本の最後には対応方法についても

書いてありますが、

感情感覚をそのまま感じる、

ということは書いてありません。

そこの部分はこのブログの他の記事を

参考にして頂ければと思います。


◇『母という病』

Amazonリンクはこちらから



一応言っておきますが、

子どもの頃に充分な愛着を

育まれなかった方でも、

大人になってからも回復できます。

さする、なでる、で充分ですが、

メカニズムが知りたい方は

こちらも参考になります。


◇皮膚という「脳」 

心をあやつる神秘の機能

山口 創著

Amazonリンクはこちらから



{590B6502-A547-46CA-B5FF-DB6356A63BF8:01}

かわいくて仕方なかったら
勝手に触れ合うよね。



◇現在受付中のイベント情報


【本当の望みを宣言する・他人のワクワクにお金を渡す・自分のワクワクでお金を受け取れる?】
◇1月21日@渋谷
※Facebook上で大反響だった、参加費は参加者へ
イベントのリアル版です。
お金への抵抗が強いと感じている方に。


◇2月23日@神戸
※パートナーシップ、セッ☆ステーマの
少人数お話会です。


※なつまる主催による【単なる主婦メソッド】
トミーと岡田による子育てテーマお話会です。
【欲求不満おばさんからありのままへの変化のプロセスについて】



◇子宮委員長はるちゃんとのコラボお話会など、
様々な形で宇宙メカニズムをお伝えしています。

ブログ記事でも同じ内容は書いてますが、
声と場の雰囲気が加わるとまた
深く入りやすいです。

お話し会やグループセッションに
参加される前にご覧になっておくことを
オススメします。

【子宮と宇宙と人間のお話し会】第一弾DVD
ご案内はこちらから
※すぐに購入したい方はこちらから
※全ての基本をここで伝えています
※子宮メソッド、魂、感情、思考について