こんにちは!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

 

2020年1月25日(土)に開催予定の『IH フェア in 東京』は、

おかげさまで全てのセッションが満席となりました。

 

お申込みいただいた皆様、誠にありがとうございます。

当日お会いするのをスタッフ一同心よりお待ちしております。

 

引き続きキャンセル待ちを承っておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

詳細 ⇒ 【1月25日】潜在意識と繋がる感情へのワーク

 

▼IHフェア in Tokyo▼

 

 

 

 

話は変わりまして、

9月下旬から11月中旬くらいまでの約2ヶ月間、

MSC(マインドフル セルフコンパッション)8週間プログラムの受講のため、

京都へ通っていました。

 

 

 

 

MSCは、昨年5日間集中プログラムを受けましたが、8週間プログラムは今回がはじめて。

 

基本的に京都が好きなので、毎週通うのは全く苦にならず、むしろ楽しみで、

思い出深い実り多い8週間となりました。

 

 

 

 

講座の内容をシェアすることは許可されていないため、

8週間の間に行われた瞑想リトリートの感想を少々。

 

 

 

 

リトリートの前夜、私は何だかもやもやしてしまって・・・、

そのもやもやというものが、私の根幹に触れるような、でも私の力ではどうしようもない、でもそこが苦しい部分で、でも・・・。

とりとめない思考の繰り返し、考えることをやめても残るもやもやと悶々とした気持ち。

そんな気持ちを抱えたまま瞑想リトリートに参加しました。

 

 

 

 

会場は京都御苑すぐそばにあるmanjuさん。

4時間の瞑想リトリートでは、

 

京都御苑を歩いたり、

 

手作りのチャイやベジタリアンクッキーを味わったり、

 

まさに瞑想に漬かったというあっという間の4時間でした。

 

 

 


瞑想リトリートが終わり、ふと気が付くと、

 

あれ、もやもやが無くなっている・・・。

 

それどころか、とても穏やかで落ち着いて、とても豊かで満たされた感じ。

そして、自分を受け入れていることができている、ありのままの自分でいることができている、それを許可することができている。

そんな気持ちになりました。

(語彙力足りない・・・。)

 

 

 

 

世の中にはいろんな手法やツールがたっくさんありますが、複雑なものはいらなくて、必要なことは本当にシンプルで、

思いやりを持って、この瞬間瞬間を大切に生きる。

ただそれだけで、ほとんどの問題は解決するのではないだろうか。

そんなふうに思いました。

 

 

 

 

8週間と5日間を比べてみると、

 

8週間はじっくりと自分に落とし込んでいく、しとしとと降る雨のようなもので、日常生活に活かしていくのには必要だと感じました。

 

5日間は、私が何も知らないまま参加したということもありますが、リトリートだけあってひたすら自分に向き合う日々の中で、自分に深く入っていく、若干嵐のようなものだなと感じました。

 

あくまで私個人の感想ですが。

 

 

 

 

そしてどうやらこのMSC、MBSR(マインドフルネスストレス低減法)を実践してから参加すると、さらに深まり、また違ったものになると数名から伺いました。

 

 

 

 

昨年に引き続き濃密な時間を過ごし、私の中では、

京都=マインドフルネス、セルフコンパッション

になりつつあります。

 

 

 

期間中に時代祭も見れた♡