癒しの職人
  • 24May
    • 心地よい暮らしのお手伝い

      「マッサージ」「リラクゼーション」「もみほぐし」「ボディケア」「整体」etc自分も含めて、正直「何が違うのかよく分からん」という方も多いのではないでしょうかですがこれを逆に「何が共通しているのか?」と考えてみると見えることがありますそれを端的にいえば「身体が楽になるサポート」といった感じでしょうが、私はさらに考えを先に進めて「毎日の生活を心地よく過ごせる♪」お手伝いだと捉えています身体に疲れがたまると、ただ身体がきついだけでなく「熟睡できない」といった日常生活や「やる気がでない」「何かイライラする」といったメンタルまで、体以外にも様々な影響で出てしまいますですが逆に“身体が楽になってスッキリする”と「ぐっすり眠れて、元気に動ける☆」「やる気が出て、仕事を頑張れる♪」「イライラしなくなる◎」といった“毎日をいい感じに暮らせる♪”原動力になると自分自身を通して実感していますお客様が「どうすれば心地よく日々を暮らせるのか?」そのことを常に頭に置きながら、「ほぐす」「整える」「癒す」などその方の状況や状態に応じたお手伝いができると幸いです癒しの職人 吉田https://www.iyashi-nin.com/

  • 16Apr
    • “ほぐし”は目的ではなくメソッド☆

      当店は主に、筋肉を“ほぐす”ことをお客様に提供していますしかし当店は“ほぐす”行為そのものを目的にするのではなく、「“ほぐし”を通して疲れた身体を調える☆」ことを大切にしております疲れて硬くなった筋肉を“ほぐす”ことにより↓ ・筋肉が柔らかくなって軽くなる♪ ・血行がよくなる◎ ・リンパや神経のめぐりがよくなる♪ ・免疫力や治癒力が高まる☆ ・身体のバランスが整う◎ ・身体とともに心も軽くなる♪などといったほぐしの“効果”を目指し、大切にしております「どうすれば身体が調って楽が続く&元気になるお手伝いができるか?」このことをメインコンセプトに“ほぐし”をはじめとした施術をデザインしております☆これからも更なる“ほぐし効果”を目指して、日々成長し続けたいと思っております癒しの職人 吉田https://www.iyashi-nin.com/

  • 24Feb
    • 引き算のほぐし

      現在私は「ほぐし」を「引き算」だと考えていますでは何を「引く」のでしょうかそれを一言でいうのは難しいのですが、あえて言うとたまっている「疲労」を引いていくといった感じでしょうか身体は元々は、疲労のない健康体だったはずですなので私は今の疲れた身体の状態を「元々ゼロだった疲労が積み重なっている状態」だと考えていますということは「積み重なった疲労を引いてゆけば、本来の健康体に近づく」ともいえますということから私は「ほぐし」をシンプルに↓「疲れて硬くなった身体の疲労を引いて(緩めて)少なくしていく=自然と本来の健康体に近づいて元気になる」そのためのお手伝いと捉えて施術を行っていますそのためのメソッド等は長くなるので省略しますがこれからも、シンプルに「健康体に近づくほぐし」でお客様が少しでも楽になるお手伝いができればと思っております癒しの職人 吉田https://www.iyashi-nin.com/

  • 15Jan
    • ファーストタッチが大切

      私自身が感じていることですが、リラクゼーションはかなり人(セラピスト)の影響が大きいサービスだと思いますなので、例えばランチに行く時より新しいお店や初セラピストさんのサービスを受けるときは「どんなほぐしをされるのだろう」と楽しみとともに、どこか緊張していますその緊張は、セラピストさんと話したりするとある程度は和らぐのですが、やはり芯から緊張がほどけるかどうかは、実際の施術によって決まりますなので、電話や問診の時ももちろんですが、私は施術の入り(ファーストタッチ)にとても気を遣っています施術の最初の最初のファーストタッチ&ほぐしはもちろん、施術途中のどのほぐしにも、ファーストタッチの柔らかさや丁寧さを心がけています人は大切な自分の身体を守るため、外からの刺激に対して無意識に身構えるよう、遺伝的にプログラミングされていると聞きます(昔は外の刺激に敏感でないと生きてゆけなかったことでしょう)ですが、その刺激が敵ではなく自分の味方だと感じると、安心して身体の緊張を解きますもしファーストタッチが雑だったり痛かったりしたら、きっと「この刺激はこわい」と身体が感じてしまい、さらに緊張して固くなってしまうはずです逆にファーストタッチが丁寧だったりとても気持ちよかったりしたら「この刺激は安心だ♪」と感じてゆるっと緩みますリラクゼーションマッサージは「緊張してかたくなった筋肉が緩んで柔らかくなる」お手伝いをするサービスです緩み、リラックスして楽になるために来たのに、さらに固くなってしまっては本末転倒ですなので、ほぐしや押しそのものももちろんですが、私はまずそのファーストタッチをとても大切にして、お客様が安心して身を任せて下さり、芯からリラックスして頂けるよう心がけております癒しの職人 吉田https://www.iyashi-nin.com/

  • 17Dec
    • おかげさまで2周年☆

      先日12月14日に、おかげさまで「癒しの職人」が丸2年を迎えましたこの2年間を思い浮かべて頭に浮かぶワードは「試行錯誤」これにつきますああでもない、こうでもないこうしたら、よりいいのではないか…そんなことを考え続け&実行し続けた2年間でしたただ、忘れないようずっと心に留めていたことは「どうすれば、お客様に喜んで頂けるか」という初心(原点)です目先の利益ではなく、長い目でみてどうすればお客様とお店(自分)が“WIN☆WIN☆”の関係を築けるか?そのことをこれからも考え続け問い続け、いいと思ったことはまず実行する3年目に入った今でも基本スタンスはこれまでと同じです☆「癒しの職人」が今もこうして存続できているのは、ひとえに貴重な時間やお金を「癒しの職人」に使って頂いたお客様のおかげですその感謝の心を忘れずにこれからも日々進化し続けたいと思っております今後も「癒しの職人」をどうぞよろしくお願いいたします癒しの職人 吉田https://www.iyashi-nin.com/

  • 07Dec
    • ハンドマッサージのすすめ◎

      癒しの職人のメインメニューの一つにハンドオイルマッサージがあります当店のハンドマッサージはスウィートアーモンドオイルを使って肘~腕~手指までをしっかり丁寧に流す&ほぐしてゆきます☆もみほぐしの施術で、腕をほぐすと「腕がそんなに疲れてるとは」とお客様がよく驚かれます考えてみると ・スマホの操作をする ・パソコンのキーを打つ ・カバンなどの重たいものを持つ ・細かい手作業をする ・運転でハンドルを操作するなどなど挙げればきりがないほど私たちは日常生活の中で腕や手をよく使っています腕や手が疲れると↓・上半身の血行が悪くなり肩首や背中がさらに疲れる・肘や手首が痛くなる・身体がアンバランスになるといった影響が出てしまうことがあります逆に腕や手がほぐれると↓・血行がよくなり、肩首や背中がスッキリする☆・手や指の動きが軽やかになる♪・バランスがよくなり、体調がよくなる◎などの好影響がでますハンドマッサージは、とてもリラックスして気持ちがいいので、多くの方が施術中に気持ちよさそうにウトウトされていますデスクワーク等や運転等で腕や手をよく使われる方は、リラックス&後スッキリのハンドマッサージをぜひご体感ください!癒しの職人https://www.iyashi-nin.com/

  • 20Nov
    • タイミングが大事

      私は施術において「タイミング」というものをとても大切にしています疲れて硬くなった筋肉をほぐすにはほぐす方向や微妙な圧の加減などがとても大切ですもし自分に力が入っていると力んでしまい、細かい微調整が難しくなります逆に自分の力がいい感じに抜けていると、すっと必要な方向や圧加減を微調整することができますそこで「タイミング」の登場ですもし自分の力だけでほぐそうとするとついつい力が入ってしまい、大雑把な力押しになってしまいかねませんしかし、お客様の呼吸や体の動きなどに合わせて、圧が必要なところまではすっと力を抜いて寄り添い、ここぞというところで体重を乗せる(=圧を入れる)と、そんなに力を込めなくても、ちゃんと必要な所に圧が入ります例えば合気道などの武道や、野球のバッティング、テニスのストロークなどスポーツでも同じではないかなと私は考えています力任せに技をかけても決まらない×力任せにバットを振ってもボールに当たらない×力任せにテニスのショットを打っても、ラインオーバーしてしまう×逆に相手の動きに合わせて技を出すと簡単に技が決まる○ボールを打つインパクトの瞬間に、力を合わせてバットを振るとボールが飛ぶ○相手のボールの勢いをうまく利用してショットを打つと、鋭いショットを打てる○そのためには、いざ力を入れる時のための脱力や、身体の効率的な使い方などがとても大切になりますさらにいうと、あることにとらわれない幅広い意識や、直感のような感性も必要だと感じていますこうやって書くの簡単ですがいざ実践するのは簡単ではないなぁと日々実感しています(追求すればするほど深いです)ですが、そこを目指さないことには何も起こらないので、少しでも「自分の力ではなく、相手の動きやタイミングに沿ったほぐし」に近づいてゆきたらと思います癒しの職人https://www.iyashi-nin.com/

  • 28Oct
    • 北欧テイストな空間☆

      私は男性ですが、結構な雑貨好きです(いやっ!かなりかも)雑貨屋さんを見つけると、一人でも平気で店に入っていきます最近は特に北欧雑貨に興味があり、本屋に「北欧デザイン」の本があるとついつい見入ってしまいますいつか、本場のフィンランドに行ってみたいっ!と願っていますが仕事柄しばらくは行けなさそうです(現在福岡→ヘルシンキの直行便があるのに残念です)ということで、「癒しの職人」は北欧デザインをコンセプトに壁紙や雑貨などをセレクトしています↓壁紙をホワイトに、そして床のクロスを白木テイスト(ホワイトバーチ?)にして、空間の広がりや清潔感を大切にしました☆そのベースに、空間の中の「ワンポイント」をイメージして、雑貨を配置していますちなみにカウンター上は、フィンランドのメーカー「マリメッコ」のパネルです☆そして店内のあちこちに「ムーミン」が顔を出しています♪(やはり北欧テイストとムーミンは合いますねぇ☆)こちらは待合スペースです白を基調として、ウッドの温かみと北欧ブルーなどを配色しています☆ちなみに、待合チェアーの上はスウェーデンの「アルメダールス」のキッチンタオルをインテリアにしています♪北欧メーカーのカラーは、独特の爽やかさがあって素敵ですね☆そんなこんなで楽しかった店内インテリアデザイン&雑貨集めでしたが今はほぼ出来上がり、これ以上プラスできなくなってしまったのがとても残念な今です雑貨好きのお客様は、当店のインテリアをとても喜んで下さります自分が好きで行っていることですが、喜んで下さるとやはり嬉しいものです♪もしご縁があって、当店に来店されましたらぜひインテリア&雑貨達も楽しんで頂けると嬉しいです♪ご来店を心よりお待ちしております!癒しの職人https://www.iyashi-nin.com/

  • 12Oct
    • 20年後の未来について考える

      タイトルを「20年後」としましたが20年後位の近未来について最近よく考えます私は20年後は、AI(人工知能)やロボット技術が凄まじく進化して人間に必要とされる仕事や役割が大きく変わっているのではと予想しています最近AIについての本をよく読むのですが、私が思っていた以上にテクノロジーの進化が急加速しており、驚かされます(巷でも、囲碁名人がAIに完敗した、車の自動運転が実用化された等と話題に上ることが多くなりましたね)その未来については諸説あるのでここでは具体的に記しませんが、自分が間違いないと思っているのは↓「これからは人間だからこそできる」ことが必要とされるということですでは「人間だからこそできること」って何でしょうか?私はこんな感じに考えています・人間だからこそ分かることのできる 微妙な心理、共感力、繊細な感覚など(例:分かっちゃいるけど止められない)・想いやりや心遣い(例:困ってそうなのを察知して  さりげなく手を差し伸べてくれる)・感性(例:なぜだか分からないけど  心に響くメロディー♪)・笑顔や人柄(例:にっこりしてもらうと安心する♪)ざっと挙げると、こんなところでしょうかすると私の「今・ここから」の人生や仕事において、大切にしてゆきたいことが見えてきます(心遣い、繊細な感覚や感性を磨くなど)20年後の近未来「AIロボットのマッサージもいいけどやっぱり人間のマッサージが最高ね」と言ってもらえるように、これからも人間性や感性、そして技術を磨いてゆきたいと思っています  癒しの職人  https://www.iyashi-nin.com/ 

  • 09Sep
    • 全体と個の繋がりを大切にする

      私は“身体全体の繋がり”をとても大切にしています以前学んでいた東洋医学の影響もあり、例えば足と背中、腕と肩首など、身体全体が繋がり、それぞれが結びつき・支え合っていることを、自分の身体を通して実感してきました例:膝下のツボ(足三里)を押すと  背中まですーっと軽くなります東洋医学だけでなく、現在は“筋膜”で身体全体が繋がっていることが広まり、解剖学などでも証明されるようになりました身体はお互いの部位が、それぞれ補い助け合っているので、ある箇所の疲労は、そこだけに止まらず、その箇所と繋がっている所にも影響してしまいますということを考えると、例えば肩こりの方の、肩や首だけほぐしても、繋がっている箇所が疲れたままだと、またすぐに肩に負担がかかってしまい、肩こりがぶり返してしまいます逆に考えると、肩と繋がっている背中や腕などがほぐれると、それだけで肩への負担が軽くなって楽になりますそのことを施術経験や自分自身の経験から身をもって実感しているので、「全体をほぐす→個々のコリをほぐす」ということをとても大切にしております凝っている肩だけでなく、繋がっている全体がほぐれると、楽になるだけでなく、元に戻りにくくなり、調子の良さが長続きします「いくら肩を揉んでもらってもすぐ元に戻るんだよねぇ~」という方は、ぜひ当店で「全体から個も緩んで楽になる♪」感覚をご体感くださいませ!~癒しの職人~ 大野城市南ヶ丘1丁目2-5 タニガワビル1F 〈TEL〉 092-596-6820 〈OPEN〉10:00~22:00(受付21時迄)  〈定休日〉水曜 〈HP〉https://www.iyashi-nin.com/

  • 09Jun
    • 強みを生かす

      「癒しの職人」は、セラピスト一人で施術を行う小規模個人店です。OPENしてもうすぐ1年半今実感していることは「大規模店と同じだと厳しい」ということです。例えば飲食店でも同じだと思うのですが、個人経営の小規模店がお客様に長く愛され続けるためには・間違いなく、とても美味しい♪・他のお店では真似できない そこでしか味わえない味◎・個人店ならではの、素敵な空間☆などといったことが必要条件ではないかと私は思います。では、大規模店にはない「癒しの職人」&私(セラピスト)だからこそできることは何かと考えると=自分の「強み」を知り、表現することではと考えていますということで「癒しの職人」と私の「強み」を思いつくままに挙げてみると①癒しの職人 ・セラピストがいつも同じなので安心♪ ・静かな環境で、人目を気にせず  くつろげる♪ ・店舗すぐ前に駐車できるので  行きやすい◎②私(セラピスト) ・リラクゼーションだけでなく  無痛整体や整骨院での施術などで  施術経験が豊富 ・上記の臨床経験等を基に  ただ「ほぐす」だけでなく、  体のバランスや“緩む”ための  「キーポイント」、身体の繋がり  などまで考えながらほぐす ・上記の「意図のあるほぐし」で  「後々まで楽が続く」ことを  コンセプトにした施術を行っているなどといった感じでしょうか現在「これらの“強み”をどうすればより生かせるか」を大切にしており、その結果施術がどんどん変化し、「癒しの職人」味(?)が少しずつ強くなっていることを感じています。それと同時にリピートして下さったお客様から「次の日から楽だったのでリピートしました♪」などのありがたい声を頂くことが増えてきましたといっても特に奇抜なことをしている訳ではなく、「シンプルかつ丁寧なほぐし」の中で、こういう味付けを目指しております。これからも、貴重な時間やお金を使って「癒しの職人」にご来店下さったお客様が「ここに来てよかったぁ~♪」「楽になってすっきりしたぁ~♪」と思って頂けるような施術・サービスを磨いてゆきたいと思います。~癒しの職人~ 大野城市南ヶ丘1丁目2-5 タニガワビル1F 〈TEL〉 092-596-6820 〈OPEN〉10:00~22:00(受付21時迄)  〈定休日〉水曜 〈HP〉https://www.iyashi-nin.com/

  • 16May
    • “心象に残る”癒しを目指して

      私は「印象」ではなく「心象」を大切に考えています“心に響き、心に残る癒し”をどうすればお客様に提供できるか?それを常に問い続けています自分が今一番大切だと考えているのは「いかに身体がすっきり軽くなりいかに次の日からも楽か」従って、施術で一番心がけているのは「いかにお客様の身体がほぐれ、緩み、整って楽になるか」であり、このことを最も重要視しています自分もお客としてよくリラクゼーションのお店に行きます“とても気持ちよかった♪”“とても上手でよかった♪”“ゆったりリラックスできた♪”いいサービスを受けた時それぞれ様々な視点から「来てよかったぁ~♪」と満足するのですが、やはり一番“心象”に残るのは“すっきり楽になった~♪”“そして次の日もまた調子よかった~♪”という時ですそして「疲れがたまったら、また行きたい」と心に刻まれます私は飲食店にもよく行くのですが「よかったけど、もう今回で満足した」「美味しかったんだけどねぇ~」で終わるお店と「大満足また行きたい」と思うお店を分けるのは、やはり“心に響いたかどうか”ですその響くポイントは「雰囲気」「接客サービス」「料金」「居心地のよさ」「待ち時間」など様々だと思いますが、やはり何といっても一番は「とても美味しい~♪コスパ高~い☆」お店です話がリラクゼーションに戻りますが、お客様の“心象”に残るかどうかは「後が楽になる技術」だけでなく、「雰囲気」「接客の感じの良さ」「車での行きやすさ」などを合わせた総合的なものだと思いますお客様が「癒しの職人」に来て下さり満足していただけるだけでなく、「心に残る」ような癒しやサービスをご提供できるよう、これからも日々問い続けてゆきたいと思います~癒しの職人~ 大野城市南ヶ丘1丁目2-5 タニガワビル1F 〈TEL〉 092-596-6820 〈OPEN〉10:00~22:00(最終受付21時)  〈定休日〉水曜 〈HP〉http://www.iyashi-nin.com/

  • 22Apr
    • OPEN祝いに頂いた花が♪

      2015年12月にOPENした時にお客様からお祝いに頂いたシクラメンが今年も花開きました現在お店の入口に、色鮮やかな彩りを添えてくれていますお店の経営は、地道に一歩一歩積み重ねていくものだなぁ~とOPENから1年4ヶ月たった今改めて実感しています(3歩進んで2歩下がる~という感じですが)「癒しの職人」に貴重な時間やお金を使って下さったお客様への感謝の想いを胸に、より質の高いサービスと満足をご提供できるよう、日々成長してゆけたらと思っております気が付けばこのシクラメンのように「癒しの職人」の花が開いていることを夢見て~癒しの職人~ 大野城市南ヶ丘1丁目2-5 タニガワビル1F 〈TEL〉 092-596-6820 〈OPEN〉10:00~22:00(最終受付21時)  〈定休日〉水曜 〈HP〉http://www.iyashi-nin.com/

  • 10Apr
    • “繋がり”を考えてほぐす

      施術を行えば行うほど、身体全体が繋がっていることを実感します一番わかりやすいのが“足つぼ”で足裏がほぐれると、肩や背中などまでスーッと楽になります状態によっては、例えば腰痛の方だと腰そのものを直接ほぐすより、そこに繋がる太ももや股関節周りなどの筋肉をほぐした方が、より楽になったということもよくあります最近「筋膜リリース」が話題になったりして“筋膜などで身体全体が繋がっている”ことが大分知られるようになりましたねその筋膜の繋がりの線(ライン)である「アナトミートレイン」を最近学び、改めて身体の繋がりをより感じ、意識するようになりました。私が資格を持っている東洋医学もとても体の繋がり(経絡)を重視しており腰を足のツボ(経穴)で緩めたりします。(ぎっくり腰には、何と手の甲にあるツボを使ったりもします)「体全体の繋がり」を考えながら身体の“めぐり”をよくする→お疲れの箇所の血行がよくなる→がっちり疲れている箇所をほぐす⇒身体が芯から緩んでほっこりなるそんな「全体+個」の総合的な癒しを目指しております~癒しの職人~ 大野城市南ヶ丘1丁目2-5 タニガワビル1F 〈TEL〉 092-596-6820 〈OPEN〉10:00~22:00(最終受付21時)  〈定休日〉水曜 〈HP〉http://www.iyashi-nin.com/

  • 13Mar
    • “居心地のいい”空間を目指して

      最近「癒しの職人」の空気感をより大切にしています店内の清潔感や空気感は見た目だけでなく、何となく肌に感じるものだと思います。その「何となく」を言葉で表現するのは難しいのですが、流れのいい空間は何か“居心地がいい”ものですその空間の作り方は、店それぞれだと思いますが、自分が気を配り、手をかければかけるだけ店内の流れがよくなることを、最近とても実感しています自然に身を置くと、何か気持ちよくて癒されるのと同じで、施術だけでなく店内空間(空気感)も「癒し」においてはとても大切なことを感じています空気清浄器を置いたり、拭き掃除をしたりと、具体的な動きだけでなく、「どうすればお客様が芯からリラックスして、癒されるだろうか」その問いを、常に胸においていたいと思います~癒しの職人~ 大野城市南ヶ丘1丁目2-5 タニガワビル1F 〈TEL〉 092-596-6820 〈OPEN〉10:00~22:00(最終受付21時)  〈定休日〉水曜 〈HP〉http://www.iyashi-nin.com/

  • 10Feb
    • 全体から個をみる

      身体はすべて、骨や筋膜などで繋がっています例えば、遠く離れている指先と足裏も繋がっていますなので肩こりの原因は肩首の疲れだけでないし、腰痛の原因は腰・背中の疲れだけではありません。肩こりをほぐそうと、いくら一生懸命肩を押したり揉んだりしても肩こりはそんなに楽になりません。私は、ある箇所をほぐすことではなく、「なぜそこをほぐすのか」(ほぐすといいのか)が大事だと考えています。「全体の繋がりを考えながら、個の部分をほぐす」そして個を全体に還元して身体が芯から楽になるお手伝いをする。とても奥が深く、まだまだな私ですが少しずつでも近づいてゆきたいと思います。~癒しの職人~ 大野城市南ヶ丘1丁目2-5 タニガワビル1F 〈TEL〉 092-596-6820 〈OPEN〉10:00~22:00(最終受付21時)  〈定休日〉水曜 〈HP〉http://www.iyashi-nin.com/

  • 29Jan
    • 身体と心は繋がっている

      自分自身実感することですが、「何事も身体の元気あってこそ♪」身体の調子がいまいちだと身体が重たかったり、だるかったりするだけでなく、何かやる気が出なかったりちょっとしたことにイライラしたり…と心にも影響が出てしまいがちです。逆にいうと、メンタルの調子がいまいちな時は、自分が思っている以上に身体が疲れていたり、骨盤などが歪んでいたりするのではと考えていますこのことは自分自身の実体験から感じることで、“何か今日はメンタルの調子が上がらないなあ”という日に、自分の骨盤をチェックしてみると、大体捻じれていますそこでその歪みを自己調節してみるとだんだんメンタルの調子が上がり、いつの間にか元気になっていることがよくありますその心の疲れは、もしかしたら身体の疲れと大きく関わっているかもしれません。「最近妙にいらいらしやすい」「何かやる気がでない」といった方は、まずは身体をほぐして体から循環をよくしてみませんかこれまで気になっていたことがいつのまにか気にならなくなったりと、心も身体も元気はつらつになるきっかけになるのではと思います~癒しの職人~ 大野城市南ヶ丘1丁目2-5 タニガワビル1F 〈TEL〉 092-596-6820 〈OPEN〉10:00~22:00(最終受付21時)  〈定休日〉水曜 〈HP〉http://www.iyashi-nin.com/

  • 15Dec
    • おかげさまで1周年☆

      昨日「癒しの職人」がOPENして一年になりました☆OPENしてからの一年間は、“実際の反応”を基に、試行錯誤しながら、「癒しの職人」の“あり方”を模索し続けた、ある意味「土台作り」の一年だったことを感じます。2年目は、この「土台」を基に、当店のモットーである“後が楽になる♪リラクゼーション”をより進化していく所存です今後とも、「癒しの職人」をどうぞよろしくお願いいたします。※「癒しの職人」がここに至れているのは 何よりお忙しい中ご来店いただいた お客様のおかげに他なりません ご来店下さった皆さま、本当にありがとう ございます~癒しの職人~ 大野城市南ヶ丘1丁目2-5 タニガワビル1F 〈TEL〉 092-596-6820 〈OPEN〉10:00~22:00(最終受付21時)  〈定休日〉水曜 〈HP〉http://www.iyashi-nin.com/

  • 09Dec
    • 毎日半歩でも前進したい

      「癒しの職人」をOPEN=独立してもうすぐ一年試行錯誤をしているうちに、本当にあっという間の一年でした。この一年、思ったようになったことも思ったようにならなかったことも(こちらの方が多いですが)あったけど、それぞれが自分にとっていい経験や学びとなっていることを感じますといっても、やはり売上が少なかったり、お客様が少なく暇だったりすると、“う~ん”となってしまいますそんなときは「なぜ独立したのか?」その原点を思い返すようにしています。私の独立した一番の目的は、「自分が成長できるから」独立は、何といっても「自由」ですが、すべて自分でしないといけない=すべて自分の責任だし、うまくいかず、へこむことも多いといえば多いけど、その分これまで気づかなかったことに気づけたり、人さまとの「ご縁」や「感謝」をよりリアルに実感できたりと、得られるものが本当にたくさんありましたお客様が少ない=売上が少ない日でも、「成長」や「前進」「向上」に目を向けてみると・新しいお客様とのご縁があった♪・マッサージの新しい気づきがあった☆・HPがバージョンアップした◎(スマホから電話予約しやすくなるなど)・ポスティングがてらたくさん歩いたなどなど、日々意外とあるものです「癒しの職人」はもちろん大事ですが、その売上(数字)だけにとらわれず、日々ちょっとでも、一人の人間として、そしてセラピストとして「成長」を実感できたら、何より幸せだなあと思います「日々半歩ずつでも前進し、成長する」ことを目指し、今日も(現在も)「どうすれば、この今がよりよくなるだろう?」と考え、実行し、自分の世界を少しずつ広げてゆけたらと思います☆今前進したこと☆ブログを更新したこと♪ブログを通して、自分を再確認できたこと♪and………~癒しの職人~ 大野城市南ヶ丘1丁目2-5 タニガワビル1F 〈TEL〉 092-596-6820 〈OPEN〉10:00~22:00(最終受付21時)  〈定休日〉水曜 〈HP〉http://www.iyashi-nin.com/

  • 03Dec
    • 疲れの原因を調える

      同じ肩こり、同じ腰の疲れでもそこに至るまでに、様々な要素(原因)があります。その要素は人それぞれで ・使い過ぎによる筋疲労 ・運動不足による筋固縮 ・ストレスによる緊張 ・身体の歪みから起こる圧迫や左右差など、同じ“疲れ”や“違和感”でもそれを引き起こす原因は様々です。逆にいうと、その原因が調えば身体が楽になり、血液のめぐりや代謝などもよくなるといえますしかし、例えば「身体の歪みやねじれ」がおおもとになって起こっている違和感を、いくら一生懸命もみほぐしても、根本的な改善にはならず、すぐ元に戻ってしまいます「癒しの職人」は整体院ではないので“治す”ことが目的ではないのですが、「縁あってご来店下さったお客様に少しでも楽になっていただきたい」との思いは同じですでは「癒しの職人」というか、私に何ができるかというと(現在一人で行っているので)、リラクゼーションマッサージだからこそできることがたくさんあることを感じています。その理由は①ストレスが大きい方には“リラクゼーション”を②筋疲労などが強い方には“ほぐし”を③歪みなどがおおもとにある方には“メンテナンス”をとどんな要素の方にも、その方の状態に合わせたご対応ができるからです③の歪み調整については“やさ~しく身体を動かしたり、動きを調整する”完全無痛のソフト整体を長く行っていたので、歪みが気になるお客様には、ご説明のうえ施術の中に少し取り入れて、骨盤などのバランスを整えさせていただいています。ただ独りよがりになってはいけないので、現在は施術前に、お客様の今の状態やご希望をより詳しくお伺いしたうえで、施術を行っています。「癒しの職人」がOPENしてもうすぐ一年。試行錯誤の日々でしたが、現在コンセプトを「後が楽になるリラクゼーション♪」と定め“どうすれば、身体が軽くて楽な状態がより長く続くだろうか”ということにこだわっています。焦点が定まった今、その目指す頂きに向かって日々一歩一歩前進したいと思っております~癒しの職人~ 大野城市南ヶ丘1丁目2-5 タニガワビル1F 〈TEL〉 092-596-6820 〈OPEN〉10:00~22:00(最終受付21時)  〈定休日〉水曜 〈HP〉http://www.iyashi-nin.com/

topbanner