4月の「ママのほっとタイム」は、参加者が集まらず、

お休みになりました。

新年度を迎えて、皆さま、お忙しかったようですね。

毎日、慌ただしくお過ごしのことと思いますが、

どうかママ自身の心と身体も大事にされて

下さいね♪

 

 

次回の「ママのほっとタイム」は

5月21日火曜日

10時~12時

霧島市天降川共同利用施設

で行います。

参加費は800円です。

 

参加希望の方は

nakatamari-e@po.mct.ne.jp

へ、5月15日までに

お申し込み下さい。

 

尚、癒しの子育てネットワーク鹿児島の

ホームページは、今月から開けなくなっています。

(使用していたYahooのHP作成サイトが

 いつの間にか閉鎖されていました汗

 

現時点では、新規開設(移行)の目途が

経っていませんので、しばらくの間、

皆さまにはご迷惑をおかけすることと

思いますが、ブログの方はこれまで通り

発信していきますので、どうぞよろしく

お願い申し上げます<m(__)m>

 

 

 

 

令和元年5月 基礎Ⅱ講座のご案内

テーマ:

来月の講座案内の件名に、ついに!

「令和」

と書いてしまいました爆  笑

 

なんかすご~い!と、ちょっと感動(笑)。

 

まだ実感が湧いてきませんが、

時代が変わる過渡期なんだなぁと

思いました…。

 

 

さて、会報や年間計画にもありましたが

日本抱っこ法協会の基礎Ⅱ講座を

下記の日程で行いますので、お知らせ致します。

 

基礎Ⅱ講座は、子どもが本来の姿を見失ってしまう

苦しさのからくりや、親子が本来の姿を取り戻すための

育て直しの理論や技法について学んでいきます。

 

 

日付:

5月18日(土)~19日(日)の2日間

 

時間:

両日ともに

10時~16時30分

※但し、初日は受付があるため

  9時45分集合

 

場所:

霧島市隼人町

サンあもり

(ホテル京セラ裏)

 

定員:

10名

 

参加費:

マニュアル代込みで

14000円

(再受講の方は半額7000円)

 

参加条件:

日本抱っこ法協会の会員であること

基礎Ⅰ講座を受講終了していること

 

ご注意:

病気で治療中の方、妊娠中の方は

必ずご相談下さい。

 

申込み:

5月5日日曜日までに、

メールでお申込み下さい。

nakatamari-e@po.mct.ne.jp

 

 

皆さまからのお申込み、

お待ち致しております(^^)

 

 

(注)

講座には二日間とも参加頂くことが原則です。

一日のみの参加申し込みは出来ません。

急な事情で二日目に参加できなかった場合、

講座修了とはみなされませんので、次回同じ講座に

二日間参加して頂くことになります。

参加費支払い後にキャンセルされる場合は、基本的に

参加費はお預かりさせて頂いて、次回にまわします。

返金をご希望の場合には、手数料(千円)を頂きます。

予めご了承下さい。

 

 

 

 

福岡 開催講座のご案内(抱っこ法)

テーマ:

日本抱っこ法協会の福岡の仲間から

活動についての案内が来ましたので、

お知らせ致します。

************************

🌸初級認定以上の皆様へ 

発展B講座のご案内です    20194月  日本抱っこ法協会九州支部

 

 桜の花が満開ですね。菜の花に大根の花( ^ω^)・・と暖かで美しい季節がやってきました。

環境の変わり目で身体も心も慌ただしくなりやすいこの季節、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 早速ですが、会報にてご案内が間に合わなかった講座のお知らせです。

2018年度39.10日に予定していた発展B講座を5月に変更しています。

 

発展B講座 日時・開催場所 など

〇 日時  201953()祝日 13:0018:30                  

            4()祝日 9:3016:00

〇 会場  サンレイクかすや

〇 参加費 14000円(2日間)

〇 参加資格 基礎Ⅰ~Ⅱまでの受講を終了し、初級認定を取得していること。

 ※再受講も出来ます。(参加費は半額です。当日はテキストⅢを持参して下さい。

持っていない方は申込の時にお知らせください。)   

〇 申し込み・問い合わせ   串﨑 愛未子 【メール】momodayo8793@willcom.com

                      【携帯】 090-84028793

                      【FAX】 0944877025 

発展A講座は、年長児の育て直しや青年・成人との関わり

発展B講座は、ハンディのある子どもや成人との関わり    という各論が含まれます。

自分の職場で生かしたいという人にも抱っこ法のホルダーを目指す人にも共通に大事な内容です。

また研修では、協力してくださる親子を迎えてセッションを見学していただく時間を設け、

皆で話し合いをしながら実際の個別援助を学んでいただきます。

AB講座は順序を問わず、どちらから受講してもかまいません。

 中級認定の取得には、両方の講座を受講し、その後レポートを提出していただきます。

 発展ABのどちらからの参加でも、AB両講座でテキストⅢ(2)を一冊配布します。

すでに持っていて今回は不要という方は、申込の時にお知らせください。

 

 

◎今年度予定の地域開催講座

6月29・30日  自主公認研修  (上級認定以上) 

7月27・28日  実践講座 地域交流学習会 (中級認定以上)

8月24・25日  発展A講座  (初級認定以上)             

10月12・13日  はぐさぽアドバンス講座 (初級認定以上・

はぐさぽベーシック受講者) 

 

平成31年3月 ママのほっとタイムのご報告

テーマ:

鹿児島も、いよいよ桜の開花宣言!!ちょうちょ

自宅近くの桜も、ようやく数輪咲き始めました。

来週はお花見に行けるかな??

 

今回のママのほっとタイムは、ママの癒しを中心に

行いました。

 

「存在感」「自己肯定感」「安心感」…

どれも子どもに育んでいきたいものですが、

じゃあ、自分自身はどうか?というと、

「う~ん…」となってしまうものです。

 

自己肯定感って、自分をすばらしい!と思うことってイメージが

なんとなくあるかもしれませんが、実際に自分で自分を、手放しで

素晴らしい!って思える人が、世の中にどれくらいいるのだろう?と

思ってしまいます。

私が知ってる人では、明石家さんまぐらい???(笑)

そう思いたい人は、私も含めてたくさんいるだろうけれど、

実際には、なかなか難しいと思います。

 

でも、「そう思ってしまう自分を許す」ぐらいなら、ちょっとは

大丈夫かな?

自分の気持ちを否定しないことは、だいぶ出来るかもしれないと

思います。

 

となると、「自分の中にどんな気持ちがあっても邪魔にならない」

という状態になって、「自分の中に、どんな気持ちがあってもいいんだ!」

と感じられる…

 

こうなると、「自己肯定」につながっていくのかなぁと思いました。

 

こんな話をしながら、参加者の皆さん、それぞれに

自己肯定について、考えてもらいました。

 

その後、私たちが、いかに自己肯定感を育むような

ステキな言葉をキャッチしにくくなっているか?

そう言葉をかけられると、自分の中に何が起こるか?

(起こらないか?)を眺めていく時間を持ちました。

 

「毎日、よく頑張ってるよ」

「いつも頑張ってくれて、ありがとう」

「本当によくやってるよ」

「今のままのあなたが、とってもステキだよ」

「そのまんまでいいんだよ」

「自分を好きになってもいいんだよ」

「あなたはそこにいるだけで、価値のある人間だよ」

「生まれて来てくれて、ありがとう」

 

親として、子どもには伝えていきたい言葉なのに、

自分が伝えられる側になると、受け取りたいのに

受け取れない(受け取りにくい)言葉に

なってしまうことはないでしょうか?

 

参加者の皆さんには、受け取れるものはそのまま受け取って、

受け取りにくい言葉に出会ったら、自分の中に

何が起こるのか?を、味わってもらいました。

 

皆さん、引っかかる言葉がそれぞれ違って、

もちろん、心の中に起こることも違って、

それぞれの気付きが、その部屋にいる

皆さんの何かにつながっていく様子を感じました。

 

 

<参加者の感想>

チューリップ黄やってみて、自分にビックリした。

  「ありがとう」という言葉に引っかかっていた自分がいた。

  正論を言ってもらうと、異論が出やすいという体験が

  なんか面白かった。

 

チューリップ赤今日の話の中で、「気持ちを横に置く」という部分が

  印象に残った。色んな気持ちはあるけれど、「今は

  これをやろう」と思う時には、一旦横に置いて、

  自分のやりたいことに取り組むことも、大事だと

  思った。でも、一旦、横に置くと、そのまま忘れて

  しまうこともあるので、それでいいのか?と

  思ってしまう。

 

  ⇒ 今、起きていることが、今の自分に必要なこと

     かもしれないし、もし、そのことが自分にとって

     必要なことであれば、一番いいタイミングで

     「そういえば、あの時に…」と、思い出される

     のかもしれない。

     それぞれに必要な「時」というものがあるのでは

     ないでしょうか。

 

 

チューリップ紫最近、心が疲れている。SOSを出すほどでもないし、

  何が大きなことがあったわけでもない。

  今日は、2時間で癒されたいと思って、参加した。

  

 

参加して下さった皆さま、どうもありがとうございました。

 

次回は

4月16日(火)

10時~12時

霧島市隼人町

天降川共同利用施設

で行います。

 

参加希望の方は

メールでお申込み下さい。

nakatamari-e@po.mct.ne.jp

よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

基礎Ⅰ講座 終了

テーマ:

3月9~10日、基礎Ⅰ講座を行いました。

 

基礎Ⅰに来て下さる方は、初めて抱っこ法の講座を

受講する…ということで、意気込みや意欲、

そして、緊張や不安、色んな気持ちが表れやすい場

でもあります。

 

自分の中にあった、想像もしていなかった気持ちに出会ったり、

知ってはいたけど、こんなに深かったのね…と、発見したり、

参加して下さった皆さまそれぞれに、必要な気づきが

訪れたように感じました。

 

私は、今回、オブザーバーという応援が無い中での

初めての講座になりましたが、仲間が「そこにいてくれる」

というだけで、どれだけ支えられていたか…を、

身に染みて感じる体験をしました。

目に見えるお手伝い(ワークに入ってもらう)だけではなく、

気持ち的にこんなに大きかったのか…と、改めて感じました。

そして、こんなにも頼っていたのね!と、少しビックリした部分も

ありました。

 

私たち支援者は、「共感しながら、そこにいるだけいい…」と、

学びますが、その根本的な部分を改めて感じる体験が出来ました。

私も、誰かに対して、直接的なサポートだけでなく、

いるだけで支えられる…、そういう存在でありたいと

思いました。