真の主権回復を願う

多くの日本人は、日本で生まれ日本で生きて日本人として祖国の山河、海、町、人を愛し守り日本で死んで逝く。
全ての若者が歴史ある日本に誇りを持ち、愛国心を育み養う為のブログ

 

真の主権回復を願う

 

弥栄です。ゴールデンウイークに入り楽しく過ごされている方も多いのではないでしょうか。

楽しい気分に水を差すつもりはありません。しかし、現状の日本を考えると、もろ手を挙げて喜んでGWを過ごす気にはなれません。

 

今年で戦後73年を迎え、何が良くなり何が悪くなったのか・・・。

 

戦後の日本は日本人は、馬車馬の如く働き敗戦国にも関わらず、目を見張る復興と経済発展を遂げましたよね。

 

\(^o^)/パチパチパチ

 

国が豊かなのは良い事です。

 

しかし・・・何かが足りない・・・。

 

先週の土曜日、4月28日は主権回復の日(1952年4月28日サンフランシスコ講和条約が締結され、それまでGHQの施政権下にあった日本が主権を回復した)とされていて色々行事も行われていたようです。

しかし、この日は同時にアメリカに沖縄を取られた日でもある事を忘れてはなりません。この条約により、沖縄は後に20年間もアメリカの施政権下に置かれるのです。

 

沖縄県の方が、時に「屈辱の日」だと言う事も理解できます。同じ日本人として戦った大東亜戦争。この日は、同胞に裏切られた日だと感じても、無理のない事でしょう。

 

僕が子供の頃、沖縄に行くにはパスポートが必要でした。

余談ですが映画1966年作「網走番外地・南国の対決」では、船で沖縄に渡る際に主人公(高倉健さん)がパスポートを使うシーンがあります。今から52年前の沖縄が映っています。

 

話を戻します。

1952年4月28日までは、日本全土がGHQの施政権下に置かれて、国として独立をしていなかった訳です。以降、沖縄を取り返すのに20年の歳月(1972年5月15日沖縄返還)が・・・。

 

国家主権とは何なのでしょうね。本当の主権の回復って何でしょうね。

 

ここで変なクイズ

 

あなたはどんな人が、お好みですか?(笑)

①腕っぷしが無くケンカに弱い上にお金も無い人

②腕っぷしが無くケンカに弱いがお金は在る人

③腕っぷしが有りケンカに強い上にお金も在る人

 

あなたの答えは何番でしたか?(笑)

 

国家にも当てはまる事ですよね。

この国は、ご存知の様に戦後73年の今、お金は在ります。しかしケンカどころか自身の子供や知り合いや親兄弟さえも、ならず者から取り返す事も出来ない有様です。

 

本当の主権ある独立した国家なら、当たり前以上に経済力と軍事力の発展を目指すでしょうね。日本73年の平和は、アメリカ合衆国の核爆弾によって守られて来たんですよ。

 

憲法九条は何も約に立っていません。むしろ、百害あって一利なしの憲法です。

 

自国民を守る国軍もない弱い国。いつもアメリカと国連にしがみつく弱い国。

九条信奉者は、愛国心も自立心も無い売国奴だから平気なんでしょうね。

まるで食べる事だけ三人前の、自立心の無いバカ息子。家から追い出せ(笑)

 

 

近い将来、シナ人から、「お前の娘を高く買ってやる」と言われ、戦うよりも金で我が娘を売り飛ばす九条信奉者達がいるんでしょうね!!そりゃぁ、島も国土も取られ放題ですよ。

既に北海道の土地は売国奴のせいで、どんどんシナ人に取られている!!

シナ人や朝鮮人は、大抵が、人の物も自分の物って思考ですからね!!

 

 

このままでは大東亜戦争で戦った英霊に申し訳ない!!

 

 

断固として祖国日本を護ろう!!

 

真の主権が回復し祝える日が来る事を信じています。

 

 

※またまた少し下品になりました。お許し下さい。

拙い記事を最後まで読んで頂き、本当に心から感謝いたします。

 

 
人気ブログランキング

ブログランキングに参加しております。

クリック頂けると励みになります。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

また、このブログに戻って来てねおじぎ