お前、トイレじゃん! | 厠(かわや)イヤミ百景

お前、トイレじゃん!


いい人との出会いは必然で、嫌な感じの人との出会いはたまたまであってもらいたい。



それはトイレも同じで、「ここのトイレは掃除が行き届いているかな?」「音消しメロディーは何の曲だろう。マイナー調の知らない地方の民謡だったらどうしよう。どうしようもないがな」などと、まだ見ぬトイレにドキドキするものだ。


するよね?


人間、いつ何時、急な尿意・便意に襲われるか分からない。そんなときに家の中にいれば、行きつけのトイレで済ませるものだが、外だったりなんかした場合には名も知らぬトイレを利用しなければならない。



ほら、ちょっとはドキドキするでしょ。

個室の扉を開けたら、前の人の体から出た忘れ物があった日には、忘れられないアニバーサリーの一丁上がりである。手帳には茶色いペンで★マークでも書こう。




そう、トイレとの出会いは突然であり、スローモーションであり、ポリリズム。

どこでどんなトイレに遭遇するかは分からない。





それは友人の車の助手席に乗っているときであった。

車は赤信号に差し掛かり、スピードを緩めていた。







厠(かわや)イヤミ百景-1612


ふと窓の外に目をやると、ガレージ屋の店舗。

敷地内には、大量の物置・ガレージ等の「囲む・隠す・収める・ムフフ」ならお任せあれといった箱の数々。無いのはファンシーケースと電話BOXと棺桶くらいというほど種類があった。


その中の一か所に、物置と似てはいるけども異なる箱があったのだ。








厠(かわや)イヤミ百景-1613



お前、トイレじゃん!



よく工事現場や屋外のライブ会場などに設置されている仮設トイレが鎮座していた。




これぞ、突然の出会い。

赤信号でスピードが落ちていなければ見失っていたところであろう。


普通に仮設トイレが置かれていただけならば、「へー、仮設トイレってガレージ屋で買えるんだ・・・。まあ、トリビア、トリビア。誰かに他言することもないトリビア・・・」で済んでいただろう。


3分後にはB級グルメの話ですっかり忘れているはずだ。




ところが、どうやら貼り紙が貼られている。




あまりに突然のことで、「えっ・・、●●君のこと、友達としてしか見てなかったから・・・、告白されても困るって言うか・・・・・、全力で無理!お断りします!お引き取り願います!私がホウキを逆さに立てる前に!」状態である(ちょっと違う)。


ともかく、急いで取り出したるわ、独裁スイッチでもなく、透明になれる(自分の中では)薬でもなく、デジカメ。

いつ何時、トイレの貼り紙との出会いがあるか分からない。シャッターチャンスは待ってくれない。

最近、元はシャッターチャンス(フォーカス自体)を誤ったことから始まり、お薬で捕まり続けて自己記録を更新されたタレントさんもいるが、それとは関係ない。あと、もう彼には期待しない。



青信号になっても止まっていれば、後方からの車たちのクラクションは避けられない。

決してそれは知り合いの車とすれ違ったときのクラクションとは意図が違う。明らかに違う。名も顔も知らぬ私たちに対しての露骨な敵意だ。



つまりは事は急を要するとはこういうことだ。




急いで撮影したそこには、






厠(かわや)イヤミ百景-1614


商品にて


使用禁止


商品にて  




えっ?いるの?トライする人がいるの?

物置などが並んでいて、明らかにガレージ屋の敷地な上に、値札まで貼られているのにトライする人いるの?



公園だろうが、工事現場だろうが、店舗敷地内だろうが、屋外にあるトイレには、とりあえず人は入ってしまう習性があるのだろうか?むしろ自分が収納されたい的な。

そういえば、猫などは狭い箱に入ることで安心する傾向にあるが、人間もトイレの個室スペース的なところに入ることで、大げさに言えば胎内回帰のような安心感に包まれるのであろうか?この場合、閉所恐怖症の人の話は置いておく。



万が一の場合に対しての予備の役割の貼り紙なのか、それとも過去にトライ&脱糞をした世界は我を中心に回っている的なハートを持った人がいたのだろうか?



まあ、するしないの前に商品として、中の便器の様子を見てみたいという人は普通にいるだろう。
安い買い物でもないし、購入してから実際に跨って見るとホールド感がしっくり来ないということがあるかもしれない。


しかし、仮設トイレが置かれるような場所って、そこにトイレがあるだけでありがたられるような場所が多いので、便器の形が例え極端に湾曲していても用が足せるだけで満足するものだろう。





う~ん、例え展示品でも扉が空けば、水がなくても用だけは足せるはずである。とりあえず一時的にプライバシーが守られて、そこに穴さえ空いていれば・・・。拭く拭かないは個人の自由として。

過去にタフネスなハートを持った人がいたのかもしれない。


時として他人は、「そんなところ、そんなに強く握ったら折れちゃいますよ!」といったような、自分の想像外の行動を起こしてくれることがある。

別の言い方すれば、「事件」というヤツだ。



いないとも言い切れない。

「幽霊はいない→なんで?→見たことないから」理論と同じである。


「商品のトイレで用を足す人はいない→なんで?→だって商品だから→本当にそう思う?→うん、まあ・・・→どうしようもない急な便意に襲われた人がいても?→でも商品だよ?→扉が自由に開閉出来て入ってしまえば分からないよ→そんなバカな!→出して逃げてさ、何気ない顔しているかもよ→あっ、そういえば"出し逃げ"で思い出したんだけど、●●ちゃんの浮気相手なんだけど→あれ?あの娘まだあのろくでなしと関係続いていたの?→そうなのよ・・・」



想像はインフィニティである。




ところで、






厠(かわや)イヤミ百景-1615


「中古 トイレ

現品価格


7 . 5万円 」



「中古トイレ」というフレーズも逆に新鮮さを感じてしまった。

どこを旅をしてきた仮設トイレなのだろう。


中古のたて笛に続いて、ちょっと抵抗があるけどもお手頃価格だ。





たった数分のこと。

信号は青になった。






--------------------------------------------

「厠イヤミ百景の一景」

http://www.leolio.com/index/KAWAYA/KAWAYA_menu.html


関西、某国道沿いにて
-------------------------------------------------------
最近の更新(適当に
天が呼ぶ 地が呼ぶ お客様が呼ぶ!消費者言いがかり連絡会 (更新予定)

本当にあった怖い尻 (更新予定)

女子マネージャー列伝 (更新予定)

歩こうの会 おざな (更新予定)

猫烏丸OP第47回『一人で行くディズニーランド!恋愛妄想シュミレーション』(49分02秒)


イラストレーター leolio.com / 森本レオリオ
leolio

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布 お財布.comは、パソコンやケータイからお財布コインを貯めて、WAONポイント・Tポイント・nanacoギフト・Suicaポイント・Yahoo!ポイント・Edy・WebMoney・現金に、1コイン=1円分として交換できる、お得なサービスです。もちろん登録無料!