とっとこハ●太郎 | 厠(かわや)イヤミ百景

とっとこハ●太郎


今年最後の「厠イヤミ百景」の更新となりました。
前もって言っておかねばならないことがあるのだけど、今回のトイレの貼り紙に出てくるキャラクターは権利関係にうるさい問題が起きそうなので、前もってこちらの方で目線を入れさせて頂いた。
その目線の下のつぶらな瞳は各自豊かなイマジネーションにお任せ致します。
多分お分かりになると思います。日本人の方ならだいたいは見覚えのあるネズミの顔ですので。あのアメリカ産の黒い耳を持つネズミの方ではないのでお間違えのないように。









533



「男子トイレなのだっ」



ええっと、ひまわりの種が大好きなんだっけ?
正面向かってこのアニメを観たことがないために確かなことは言えないけど、確かハムスターだったような気がする。
「もっこり」じゃなくて、「とっとこハ●太郎」で間違いないですね?


言っておきたいのだが、これが「ハ●太郎ランド」、子供パークのようなところなら納得も出来るが、ここはただのゲームセンターだ。小さい子がとっとこと来るような雰囲気の明るくゆるめゲームセンターでもない。
トイレの周辺には競馬のゲーム機がでかでかと鎮座している。

故にここのゲームセンターを管理しておられる方の趣味がこちらに真っ向勝負を挑んでいる状況だ。もっとくだいて翻訳してしまえば、ここのトイレは趣味の庭のようなものに属するかもしれない。何度も言うがここのゲームセンターに、「ハ●太郎」なんて全く何にも一切関係ないのだもの。なぜゆえに「ハムー!」


アニメを観ていないために絶対とは言えないが、きっと劇中で「ハ●太郎」たちは、「男子トイレなのだっ」など言ったことは過去の放送分で一回もないと思う。まあネズミのくせに、頑なな意思を持ったり、キャラ付けと思われる個性的な服着たりと、普通のそれとは一線を引いているあの子達のことだから多少なり異性を意識することはあっても、男子・女子と分別されたトイレは必要ないだろう。そこら辺までリアルだと、逆に子供の夢を壊すことになりかねない。ハムスターの糞などハイビジョンテレビで見たいか?
またアニメの中で子ネズミ達が、これまたネズミ算式でうじゃうじゃ増えてもかなり嫌だろう。私ならテレビのスイッチを切る。


ともかくあのネズミとは一切縁のないただのゲームセンターのトイレにて、「ハ●太郎」がお出迎え。「なのだっ」と明らかなキャラ付けの言葉絞めに、「ああ、今の子は"なのだ"と聞いても浮かぶのは、バカ●ンのパパじゃなくてハ●太郎なのかな」と思いつつも、小さい「っ」が、またそれとは微妙に違うのだなと知る。パパとは違うのだよ、パパとは。





ではトイレの中に入って個室の中を確認すればなのだ、




537



「年末年始営業時間変更のお知らせ


 12/28(木)~12/30(土)
 10:00~翌5:00


 12/31(日)~1/3(水)
 8:00~翌5:00


 1/4(木)
 8:00~翌4:00

    に変更になります。」



年末年始のお知らせが個室内の壁に貼られていた。

普段の営業時間など全く知らないのだが営業時間を見る限り、実際のハムスター達もみんな「ハ●太郎」のような、明確な意思と二頭身の体を持ち、君のよき友となる小さな妖精のような動物と信じている小さな子が来るようなゲームセンターではないのは明らか。早起きと夜更かしとは全く違うことなのだ。


ああ、もう本当に年の瀬だね。しかもこの貼り紙は2006年の年末限定品だ。2007年にも使おうにも曜日にズレが起きてしまうことだろう。この貼り紙を拝めることが出来るのは1月4日までの限定となる。にしても朝8時からゲームセンターに行ってしまうような人間は、さずがの「ハ●太郎」もそのつぶらな瞳の奥に冷たいものを浮かべるかもしれない。「あんた、何してるハムか?大丈夫ハムか?」と(こういうしゃべり方をするんだろうか?)。



まあ正月だし、親戚からの逃亡ということもありえる。





そして個室の壁に目をやれば、





535


「<お願い>
 こちらの上に、荷物等
 置かないで下さい。  」



狭い個室内、荷物を置く棚もドアにフックもない。そんな中で思わず荷物を置いてしまいそうになる「こちら」とは?









536

・・・・・・・・・・・・・・・。

そんな奴おらんやろ、チッチキチ~と言いたくなる状況。



もうなんだか自然と傾斜を描いているその板に荷物を置こうとする輩などいないだろう。トイレットペーパーが置かれているだけでも十分にぷるぷると生まれたてのバンビのように震えておられる。しかし万が一、これの上に愛用のリュックサックなんか置いてしまった日には結果は火を見るより明らか。
タイル側にはネジが通らなかったためか、木製の壁からのみで支えとなる金具が三本も備え付けてある。工作としては小学生が作った物の方がレベルが上かもしれない。

元々スペース的にトイレットペーパーを置く場所がなかったのだろう、そんなときに「あれ?ここに板一枚浮かべることが出来るんじゃないかしら?」と、狭いながらのスペースの有効活用にと空中に何かを見出したようだ。賢い主婦の如し、押入れの突っ張り棒と同じ原理だ。


それが全ての始まり。


こんな貼り紙が貼られるからには、今まで愛用のハンドバックなり、クレーンゲームで取ったぬいぐるみなりを置いた人々が確かにいたのだろう。
そして板ごと落ちた。
下手すれば便器にダイブということもあったかもしれない。


・・・もう分かったから。


それ故にこのような貼り紙が貼られるようになったのなら、ここに写真に収めることが出来たわけだし、私としてはかなりありがたい。入り口といい、管理しておられる方のセンスに満ち溢れているトイレ空間だ。





そして他に「ハ●太郎」の姿はないのかと探せば洗面台に、






534


洗面台や
 便器の中に

 タバコの吸い殻・
 ゴミなどを

 捨てないでネ!!




目線はまたこちらの自主規制だ。
きっとこのハムスターたちが言っていることになっているこの説教くさい文面。

言っていることは正論だ。

アニメが始まる前に「明るい部屋でテレビ画面から離れて見るのだ」とは言っても、便器の話は一生しないだろう「ハ●太郎」たち。
そして「タバコの吸い殻」と言っている時点で、「ハ●太郎」の放送を毎週楽しみにしているわ、学習机はハ●太郎仕様だわといった小さなお友達に向けて言っていないのは明白。


管理しておられる方が「ハ●太郎」愛好家といった面もあるかもしれないが、真正面から言えば一蹴されるか無視されるような貼り紙の文面に、「ハ●太郎」という可愛らしいキャラクターを使うことで、読み手と書き手の間に柔軟なワンクッションを置くことが出来た貼り紙のいい例だろう。告白に仲良しの友達を間に使うような女性は好きになれないがな。
またこういったキャラを使うことで、当然ながらそこら辺の貼り紙よりも目立つ上に興味を持って目をやる人も増えるかもしれない。何度も言うが貼り紙とは読まれてこそ、その存在価値があるというもの。なんだか広告と通じるものがあるな。







そしてトドメに主人公の「ハ●太郎」が拭き出しでこう語りかけるではないか、





538


みんな守るのだ



ハムスターに言われるようでは人間の面目まる潰れなのだ。
ここのトイレだけの話ではなく是非とも社会人としてのマナーを守ってもらいたいのだ。

トイレのルールを守るとはこのブログの一貫したお願いでもあるのだ。



しかし有名なキャラクターの無断使用は載せづらいので出来ることなら控えてもらいたいのだ。
今まで勘違いしていたけども、きっと「ハ●太郎」ではなく似たようなネズミに違いないのだ。



実際、リアルなネズミがトイレに出てきたら大パニックです。








★゜'・:*:.。.:*:・'゜☆゜'・:*:.。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'☆゜'・:*:.。.:*:・'゜★゜



というわけで来年もよろしくお願い致します。
次の更新は明日、元旦です。
言っていた「告知」は来年になりそうです。





渡辺 達生
ちゅら☆ちゅら―新垣結衣写真集
人気ブログランキングに参加中!記事が面白かったら、クリックで応援をお願いします。 ranQ

http://www.leolio.com/index/


四国、某ゲームセンターにて

ランキングオンライン blog blogou
らんきゅ~ __________________________________________________ranQ

-------------------------------------------------------


最近の更新(適当に

妖怪尻わずらい

歩こうの会おざな

女子マネージャー列伝

天が呼ぶ 地が呼ぶ お客様が呼ぶ!消費者言いがかり連絡会