トイレザラス | 厠(かわや)イヤミ百景

トイレザラス


428


「24時間いつでもお家でショッピング」



まあそれは当方としてはどうでもいいのだが、何と言うか某オモチャ屋の某キャラクター。著作権に敬意を表して目線を入れさせて頂いた。


どこのオモチャ屋かは、上のキリンらしきキャラクターを見てもらえれば、小さいお子さんをお持ちの大抵の親御さんなら「ああ、あそこだな・・・」とすぐシナプスピピピと理解されると思う。このブログでは場所を特定したくないので名は挙げないけど、その世界的チェーンの大型オモチャ屋のとある店舗。珍しい恐竜のような名前をしているあそこだ。


「♪ずっと子供でいたい♪大好きなおもちゃに囲まれて♪」とかなんとか、ここのCM曲はかなり耳に残りやすいものだが、世の中アダルトチルドレンだらけなので、だいたいの人々(特に成人男性)は難なくその夢は叶っているのではないのか。

多大なる誤解を周囲から招くために、大人が大きい声を出して歌ってはならぬ歌の上位にランクインする名曲だ。




にしてもトイレに貼ってあるんだから仕方ないじゃない。

撮るしかないじゃない。

というわけで今回は某オモチャ屋の某キリンです。






このキャラクターは他には、






429


「こちらのトイレも

ご利用下さい!!

体のご不自由な方、お子様

連れの方に最適です。ぜひ、

広いトイレをご利用下さ

いませ。           」



「キリンが何言うとるか?」という話だが、そんなにこちらの水は甘いぞ、とばかりに「広いトイレ」と言われると、他のトイレを使ってる側は損をしているような気分にならなくもない。

誰だって「狭い・窮屈・日当たり悪し!」の部屋よりも、「広め、快適、なんなら足湯あり!」の部屋の方がいいに決まっている。


また、ここに来ている人々の9割近くが多分「お子様連れ」だろう。

残りはこれからの輝く未来のためにベビー商品をお探しのカップル客か、おもちゃが手放せないアダルトチルドレンか、はたまた本物のチルドレンだ。


ちなみに私は一人で来た。




キリンの黄色というわけでもないだろうが、ここのオモチャ屋独自の貼り紙に違いない。

爽やかに「こちらのトイレもさあどうぞ!」と来たもんだ。



広い場所ということでは、この体の不自由な方用のトイレとは別に、かなり広めの授乳室なり、オムツ替え室たるものが設置されており、小さいお子さん連れの親御さんたちも安心というわけだ。

トイレ個室内のDB(大便)用の便器の便座も、もう一回り穴の小さい二重蓋が付いていて、使う人間の尻の大きさで便座が選べるようになっており、子供が使う場合に難なくDBに励むことが出来るようになっている。


子供(正確には5ポケット)をターゲットにしたオモチャ屋だからこそ、そういった配慮が行き届いている。

快適な買い物(財布をゆるめる)のために、その周りから固めてあるようだ。

城を落とすにはまず城壁からか、それこそ堀を埋めているのだろう。



オモチャ屋からすると、子供には「買って!買って!」とぐずってもらうための部屋も作りたいところだろう。

大いに泣け!大いにぐずれ!大いに親を困らせろ!買ってもらえるまで頑張れ!と言わんばかりにそのための部屋を!


店内でも構わないのだが、他の客の迷惑にもなるのでそのために別室を用意。

相乗効果で連鎖的に多くの子供が店内で泣き出したら、どういった店なんだ?と大きな誤解すら招きかねない。



「いい子にするから!だから買って!!」



ここでのいい子は自分にとって「都合のいい子」ということだ。本当のいい子はそんなに己の欲望をストレートに出さない。

「だから」の使い方も全て自分の利益のために使われている。






そんな天使たちを相手にしているためか、洗面台の貼り紙の口調もどこか子供を対象にしている。








430


「石鹸が出る所から

手を少し放してね。


センサー付き石鹸噴射機です。」


あまり手を近づけ過ぎるとセンサーが反応しないのか、もしくは思った以上に石鹸が大量サービスに出てしまうのか、そういった機械的事情を裏付ける貼り紙だ。

語尾の「~してね」口調の親しみを込めた発言は明らかに子供に向けられたものだろう。

いい大人に向けられたものではないのは明らか。むしろ逆に失礼に当たる。ああ、大人って本当に子供以上に難しい。



しかしながら「センサー付き石鹸噴射機」と聞いて、容易に何のことか理解出来る幼子がいるかどうかは定かではない。

何を勘違いしたか、「ぼくんちにもあるよ!!おばあちゃんが顔を洗ってた!!」という発言をする子供を見てみたい。

そういえば「逆噴射家族」という映画があった。もう一度いうが、これは「石鹸噴射機」だ。



こういった貼り紙を洗面台に貼ることで、逆に石鹸の存在を大きく示し、子供に手洗いを促すことも出来るだろう。

いい子は手洗いをしっかりしなくてはいけないのだ。


例えこういった面白い石鹸噴射機がお家の洗面台に設置されていなくても、ましてや洗面台に貼り紙がなくてもだ。

いい子は言われる前に手を洗うべきだ。

ナイス手洗いが、いつの日かのオモチャに繋がることもあるだろう。





そんなオモチャ屋のトイレ、他にこれといって大した貼り紙も見当たらないなと諦めかけていたところにあるものを見付ける。










431


「トイレ巡回チェック表」




ちゃんとした店・公衆トイレになら必ずある例の表。

掃除の係の人、従業員さんなりが定期的にどことどこを掃除・チェックしたかを表すトイレならではの表。面白いものだと前にもここのブログで取り上げたことがある。別称、清掃点検表。

トイレによっては掃除・チェックする場所も変わってくるが、ここの場合だと、




「故障/臭気、床面、壁面、洗面台、便器、ペーパー、鏡、石鹸、ごみ箱、不審者」というメニュー構成になっている。

まあ各々チェック対象になっている箇所は分かるのだが、




「不審者」って・・・。












432


「不審者」



このメガネをかけた、下手すればサザエさんにでも出てきそうなサラリーマンらしき人物。

「はっ?私のことですか?」とでも言いたげなジェスチャーの氏はMr.不審者


一見すると普通の人物らしい人ほど、実は危ない面を隠し持っているというのが、昨今の不審者事情(?)と言えばそうだけど、このイラストはないだろう。

「私ですか?ほらこの通り、危ないものは何も持っていませんし、私自身も危なくないですよ」

と弁明しておられるかのような氏。でも不審者のイメージとしてここでは表のチェック箇所の一欄に仲間入り・・・。


しかしこれが駅のトイレならともかく、ここはオモチャ屋。

オモチャ屋でネクタイ締めたサラリーマン風の恰好をしている中年男性がいれば、場としてはかなり浮くし逆に不審と言えば不審だ。別に会社帰りに子供の土産にと立ち寄る人もいることだろうし、いても決しておかしくはないんだけど、おもちゃ屋にサラリーマンはあまり似つかわしくはない。


子供の土産ならともかく、自分用のオモチャを買うときは背広を脱ぐべしアダルトチルドレン。




かと言って、トイレでカメラ片手の人物のイラストを使われると私は行動しにくくなる。




433


こんな風に・・・。





ところで実際に不審者がいた場合には、あの表にどう書けばいいんだろう。

当然ながらいなかったということでチェックがついているようだが、いた場合には○でも付けるのか?




子供のパラダイスとも言えるオモチャ屋に、出来れば不審者なんていてほしくないものとただ願うばかり。


子供の邪魔するなよ、大人。

変な大人が多くてすまない。






トミー
ALIVE CHIMPANZEE APEMAN
人気ブログランキングに参加中!記事が面白かったら、クリックで応援をお願いします。 ranQ

http://www.leolio.com/index/


都内、とあるオモチャ屋内にて

ランキングオンライン blog blogou
らんきゅ~ __________________________________________________ranQ

-------------------------------------------------------


最近の更新(適当に

am11:59の深呼吸

歩こうの会おざな

女子マネージャー列伝

天が呼ぶ 地が呼ぶ お客様が呼ぶ!消費者言いがかり連絡会

高速バス予約